三菱重工ほか/新型タイヤ式門型クレーンを上組から受注

2021年11月18日 

三菱重工業と三菱ロジスネクストは11月18日、従来比で温室効果ガス排出量を低減し、かつ将来的な水素燃料電池への換装が可能な新型タイヤ式門型クレーン(RTG:Rubber Tired Gantry crane)2基を、国内外の港湾物流サービスなどを手掛ける上組から受注したと発表した。

<タイヤ式門型クレーン(RTG)>
20211118mitsubishig 520x407 - 三菱重工ほか/新型タイヤ式門型クレーンを上組から受注

納入先は神戸市中央区の神戸港ポートアイランド地区で、2022年度中に納入する予定。

これにより、港湾における温室効果ガス排出ゼロを目指して政府が検討を進めるカーボンニュートラルポート(CNP)の実現に貢献する。

このRTG は、従来型で使用される蓄電池の容量はそのままに、エンジン・発電機を小型化し排気量・出力を抑える新ディーゼル発電機の採用と新エンジンコントローラーを用いた最適かつ効率的な燃焼制御を実現。国土交通省の第4次排出ガス規制の基準値を満たすとともに、従来型と比較して15%以上の燃費削減とCO2、NOx(窒素酸化物)、PM(黒煙粒子状物質)の排出量削減を実現する。また、港湾での水素供給インフラ整備の完了に伴う将来的な水素燃料電池への換装を可能としつつ、従来と同等の販売価格を維持している。

なお、2050年のカーボンニュートラル社会実現へ向けた世界的な潮流から、国内外の製品・サービスに関する脱炭素化への対応が求められている。

三菱重工と三菱ロジスネクストは、カーボンニュートラル社会の実現に向け三菱重工グループの総力を結集して取り組むプロジェクトであるエナジートランジション(低環境負荷エネルギーへの転換)の一環として、港湾におけるCO2排出量削減へも取り組みを進めているところ。

今回納入する新型RTG の提供により、神戸港におけるCNP実現に貢献するとともに、2030年までに持続可能でより良い世界の実現を目指す国際連合のSDGs(Sustainable Development Goals)を構成する17のゴール達成にも寄与する。

三菱重工グループは、今後もカーボンニュートラル社会の実現に向けた荷役機器の新モデル開発や既存機器の水素燃料電池化などを積極的に推進し、将来のCNP実現に貢献していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集