国交省/ウィズコロナ時代の物流システム構築へ4事業

2021年11月30日 

国土交通省は11月30日、非接触・非対面型の物流システムを構築し、サプライチェーンの強靱化を図ることを目的とする実証事業として、4事業を採択したと発表した。

国交省では、ウィズコロナ時代に対応した非接触・非対面型の物流システム(幹線輸送モデル、BtoC 配送モデル)を構築しサプライチェーンの強靱化を図るため、デジタル技術などを活用した新たな輸配送方法等の調査・実証を実施することとしている。

事業の採択にあたっては、公募を実施し、有識者等からなる委員会において審議を行った。

<採択結果>
20211130kokkosyo0 520x230 - 国交省/ウィズコロナ時代の物流システム構築へ4事業

事業の概要は、地域内のラストワンマイル物流の持続可能性を高めるとともに、「新しい生活様式」に適応した「新たな配送形態」を構築するため、地域コミュニティや配送事業者との連携により、AI・IoT等の先端技術やシェアリングを駆使しながら、非接触・非対面型のBtoC配送モデルについて実証事業を通じて検証し、横展開を図る。

また、貨客混載輸送や中継輸送を活用し、デジタル技術を駆使した非接触・非対面型の幹線輸送モデルについて、実証事業を通じて検証し、優良事例等の横展開を図る。なお、この実証事業においては、手荷役作業が多く接触機会も多い食品流通を重点的な支援対象とする。

<BtoC配送モデル(イメージ)>
20211130kokkosyo1 520x406 - 国交省/ウィズコロナ時代の物流システム構築へ4事業

<幹線輸送モデル(イメージ)>
20211130kokkosyo2 520x406 - 国交省/ウィズコロナ時代の物流システム構築へ4事業

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集