LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本郵船/LNG燃料ケープサイズバルカー4隻の建造発注

2022年01月14日/IT・機器

日本郵船は1月14日、LNG(液化天然ガス)を主燃料とする新造大型ばら積み船(ケープサイズバルカー)を、日本シップヤード、名村造船所、中国船舶集団(CSSC)傘下の上海外高橋造船の3社に建造発注すると発表した。

<LNG燃料ケープサイズバルカーのイメージ 提供:日本シップヤード>
20220114nyk1 520x389 - 日本郵船/LNG燃料ケープサイズバルカー4隻の建造発注

<LNG燃料ケープサイズバルカーのイメージ 提供:名村造船所>
20220114nyk2 520x279 - 日本郵船/LNG燃料ケープサイズバルカー4隻の建造発注

<LNG燃料ケープサイズバルカーのイメージ 提供:上海外高橋造船所>
20220114nyk3 520x250 - 日本郵船/LNG燃料ケープサイズバルカー4隻の建造発注

発注予定隻数は日本シップヤードで2隻、名村造船所で1隻、上海外高橋造船所で1隻の計4隻となる。2024年度から2025年度にかけて順次竣工する予定だ。

この建造発注は、同社グループの外航海運事業での温室効果ガス(GHG)排出量の2050年までのネット・ゼロエミッション達成に向けた、ケープサイズバルカー船隊整備の一環。発注される4隻は、従来の重油焚き船に比べ、硫黄酸化物(SOx)については約100%、窒素酸化物(NOx)については約85%、二酸化炭素(CO2)については約40%の排出削減を見込め、国際海事機関(IMO)のNOx 3次規制にも対応している。

同社はLNG燃料船を将来のゼロエミッション船が実現するまでのブリッジソリューションの一つと位置付け、既にばら積み船隊においては世界初となるLNG燃料大型石炭専用船1隻と同社初のLNG燃料ケープサイズバルカー1隻の建造を決定している。

今後も、より環境負荷の低い水素やアンモニアなどの船舶用燃料を用いたゼロエミッション船の実現まで、計画的、段階的にLNG燃料船の導入を進めていくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース