LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

セイノーHD等/市街地・過疎地連結型ドローン物流実証実験

2022年01月24日/IT・機器

セイノーホールディングスと敦賀市、エアロネクスト、NEXT DELIVERYは1月24日、敦賀市愛発(あらち)地区で、地域課題の解決に貢献する新スマート物流の構築に向けた、ドローン配送実証実験を1月20日~21日に実施したと発表した。

<実証実験の動画>

この実証実験は、昨年11月に敦賀市、セイノーHD、エアロネクストの3者が、敦賀市がめざす水素・再生可能エネルギー・ゼロエミ物流等の脱炭素化の取り組みによる高齢化や過疎化等の地域課題の解決に向けて締結した包括連携協定に基づいたもの。次世代高度技術の活用により新しい物流のビジネスモデルの構築をめざし、敦賀市の地理的特徴を考慮した、「市街地・過疎地連結型ドローン物流」のモデルケースとするべく実施した。

具体的には、セイノーHDとエアロネクストが開発推進するドローン配送と陸上輸送を融合した新スマート物流「SkyHub」の社会実装に向けて実施するもので、実施はドローン配送サービス事業を主体とするエアロネクストの子会社、NEXT DELIVERYが行う。

また、この実証実験は、環境優良車普及機構より、2021年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金交付対象事業(社会変革と物流脱炭素化を同時実現する先進技術導入促進事業)として採択されている。

実証実験の場所となる敦賀市は総人口6万4425人(2021年9月末現在)、面積は県内3番目の251.41km2で、地理的に典型的な扇状地形であり、市街地が中央に位置し、放射状に山間地域が広がっている。今回、物資や商業施設が集積する市街地と過疎化が進行している愛発地区への「市街地・過疎地連結型ドローン物流」を想定し、今年度は、愛発地区内にて、住民の理解度向上、定期飛行に向けた課題の洗い出しを目的として仮設のドローンデポとドローンスタンドを設置して実証実験を実施した。

<雪の中飛行するエアロネクストの物流専用ドローン(敦賀市愛発地区)>
20220124seino1 1 520x390 - セイノーHD等/市街地・過疎地連結型ドローン物流実証実験

<敦賀市愛発地区を飛行するエアロネクストの物流専用ドローン>
20220124seino2 1 520x389 - セイノーHD等/市街地・過疎地連結型ドローン物流実証実験

<実証実験の背景/概要を説明する写真向かって右より敦賀市の渕上隆信市長、セイノーHDの河合秀治執行役員、
エアロネクストの田路圭輔代表取締役CEO>
20220124seino3 1 520x390 - セイノーHD等/市街地・過疎地連結型ドローン物流実証実験

実施した内容は、市街地から離れた愛発地域に住む交通弱者等への買物支援を想定し、住民がSkyHubアプリで注文した地元スーパーの食料品の詰め合わせセットを、仮設のドローンデポ(愛発地区公民館)から愛発地区の3か所の仮設ドローンスタンドまで(往復距離約1.4km~2.3km)、ドローンで届けた。

実証後、来年度を目標に、市街地と愛発地区が結節する地点に、各社荷物等を集約化するドローンデポを、愛発地区内にドローンの着陸地点となる複数のドローンスタンドを設置し、地上配送と将来のドローン配送を想定した買物代行サービスから開始する予定だ。

今後も、包括連携協定に基づき、3者が相互に連携、協力。市の課題や市民のニーズに沿って、ドローンを含む次世代高度技術の活用による、地域雇用および人材教育・人材育成・産業基盤整備、持続可能な地域交通・物流の確保と住みやすい環境づくり、地域防災や地域の脱炭素化への貢献および新しい社会インフラの整備を推進することで、敦賀市での地域活性化に寄与していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース