LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

フェデックス/中国広州の物流センターにAI仕分けロボット導入

2022年01月26日/IT・機器

フェデックス エクスプレスは1月26日、中国の物流ロボット企業Dorabot社の協力により、AIを搭載したインテリジェント仕分けロボット「DoraSorter」を中国広州の「フェデックス中国南部EC貨物仕分けセンター」に導入したと発表した。

<DoraSorter>
20220126fedex 520x293 - フェデックス/中国広州の物流センターにAI仕分けロボット導入

「DoraSorter」の導入は、中国で増加の一途にあるEC関連荷物への対応の一環。すでに仕分け業務の一翼を担っており、中国南部のEC関連顧客の比較的小さな輸出・輸入貨物を処理している。

「DoraSorter」は40m2程度のスペースで設置でき、最大10Kgまでの荷物を運ぶことが可能。100か所以上の仕向地の仕分けを同時にカバーする。

ベルトコンベアとシームレスに連携できる引き出し形状のグリッパーと、荷物をスキャンして仕向地の情報を読み取るバーコードリーダーを搭載しており、ロボットはグリッパーでコンベアから荷物を受け取り、目的地のスロットに荷物を移動させる。

フェデックスではより広範な業界におけるトレンドに呼応し、物流拠点の自動化投資を進めている。

世界的なパンデミックを機に、物流関係者はEC商品の取扱増や季節的なピーク、迅速な配送を求める生活者の期待の増幅などに対処するため、倉庫管理からラストマイル配送までの業務効率を最適化しており、マッキンゼー・アンド・カンパニーによると、倉庫の自動化に関する市場は2030年までに全世界で510億米ドルに達すると予測され、2025年までに400万台超のロボットが5万か所以上の倉庫に設置されると見込まれている。

「DoraSorter」の導入について、フェデックス エクスプレス アジア太平洋、中東、アフリカ(AMEA)地域 社長のカワ―ル・プリット氏は「荷物が集荷され、顧客の玄関先まで配送されるスピードを向上させる。DoraSorterの導入は、2025年までに3.3兆米ドル相当になるとされる世界最大のEC市場を見据えたものだ」とコメントしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース