LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ENEOSほか/宅配ロボットによるデリバリー事業化へ実証実験

2022年01月26日/IT・機器

ENEOSホールディングス、ZMP、エニキャリの3社は1月26日、東京都中央区佃・月島・勝どきエリアで、ZMPの自動宅配ロボット「デリロ(DeliRo)」を用いたデリバリー事業実証実験の第2弾を、2月1~28日にかけて実施すると発表した。

<公道を走行するデリロ>
20220126eneos1 - ENEOSほか/宅配ロボットによるデリバリー事業化へ実証実験

3社は自動宅配ロボットを用いたデリバリー事業について2021年2月に第1弾の技術実証を実施し、「デリロ」のシステムと連携する注文・配送プラットフォームの有効性等を確認している。

今回の実証では「デリロ」を2台に増やし、東新エナジーが運営するガソリンスタンド「Dr.Drive月島SS」と乾汽船が運営するシェア型企業寮「月島荘」の2か所に配備。配送可能エリアを勝どきエリアまで拡大するほか、飲食店舗などのパートナー事業者も11店舗から27店舗に増やす。

また、前回はデリロにスタッフが付き添って歩く近接監視だったのに対し、今回は国内初となる遠隔監視による公道でのデリバリーとなる。2月18日には人手確保が困難な深夜時間帯での営業を想定し、トライアルとして深夜営業を予定している。

<ロボット宅配の利用手順>
20220126eneos2 520x271 - ENEOSほか/宅配ロボットによるデリバリー事業化へ実証実験

3社は、デリバリー需要が拡大するなか、配達員の人手不足解消や安全性の確保といった課題解決につながる、安心・安全なデリバリーサービスを2022年度以降に開始することを目指している。特定の事業者に特化した配送ではなく、さまざまな事業者が利用できるデリバリーサービスの確立を目指しており、今回の実証は実用化に準じた体制・サービス内容で行う。

■実証実験の詳細
期間:2月1日~28日
営業時間帯:11:00~20:00(予定)
※2月18日に深夜営業(24:00~翌7:00)を予定
※荒天の場合は中止
配送エリア:東京都中央区佃・月島・勝どきエリアの配送可能なマンション約5000戸
ロボット設置場所:Dr.Drive月島SS、月島荘
実施内容:エニキャリと共同構築するプラットフォームを通じて対象となる住民からの注文を受け、宅配ロボット「デリロ」等を活用した配送を実施

<パートナー事業者ロゴ一覧>
20220126eneos3 520x368 - ENEOSほか/宅配ロボットによるデリバリー事業化へ実証実験

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース