LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大和ハウス/兵庫県川西市に8.9万m2のマルチ型物流施設着工

2022年02月01日/物流施設

大和ハウス工業とグループのフジタが、共同出資し組成した、川西石道特定目的会社は2月1日、 兵庫県川西市石道で、大型マルチテナント型物流施設「DPL兵庫川西」を着工したと発表した。

<「DPL兵庫川西」外観パース(イメージ)>
20220201daiwahouse 520x262 - 大和ハウス/兵庫県川西市に8.9万m2のマルチ型物流施設着工

「DPL兵庫川西」は、新名神高速道路「川西IC」から約800mと近畿エリアから広域には西日本エリアまで短時間でアクセスできる場所に位置している。加えて、能勢電鉄妙見線「畦野駅」から約3.3kmで、近隣には生活環境が整った阪急北ネオポリス地区をはじめとした大規模ニュータウンもあるため、職住近接の就労環境が整っている。

BCP対策として地震発生時にも事業継続できるよう、荷物や設備のダメージを最小限に抑えるために、免震システムを導入。このシステムにより、揺れを軽減することで上層階の荷崩れを抑制し、短時間で事業の再開が可能となるため、物流施設のレジリエンス強化につながる。

「DPL兵庫川西」は、地上4階建て、延床面積約9万m2、最大12社のテナント企業が入居できるマルチテナント型物流施設。
 
マルチテナント型物流施設は、テナント企業は建設費や維持管理費を抑えて物流事業を展開することができるのが特徴。自社専用に建設するBTS型物流施設と比べ、事業開始までの期間を短くすることができ、物流ニーズの多様化により、急速に変化する事業環境の中でスピーディに事業を展開することができる。

なお、関西地区では、EC(電子商取引)関連の物流量増加を背景に、マルチテナント型物流施設への需要が堅調に推移している。新規需要が新規供給を上回る状況が続いており、空室率も関西圏の大型マルチテナント型物流施設(延床面積:1万坪以上)は、2020年には3.7%と前期比0.3ポイント低下し、減少傾向にある。

関西地区では、これまで湾岸地域で物流施設開発が進んでいたが、新名神高速道路の開通(2023年度全線開通予定)に伴い、内陸部での開発が増加している。

そうした状況を踏まえ、大和ハウス工業とフジタでは2020年11月に、茨木市の彩都東部中央東土地区画整理事業地内で、大型のマルチテナント型物流施設「DPL茨木北」(2022年8月竣工予定)を着工した。そしてこのたび、希少価値の高い関西内陸部の兵庫県川西市において、最大12社のテナント企業が入居可能な大型のマルチテナント型物流施設「DPL兵庫川西」を開発することになったもの。

■概要
名称:「DPL兵庫川西」
所在地:兵庫県川西市石道
構造・規模:鉄筋コンクリート造ならびに一部鉄骨造、 地上4階建て
敷地面積:約4万1304m2(約1万2494坪)
延床面積:約8万9065m2(約2万6942坪)
賃貸面積:約7万2281m2(約2万1865坪)※各階3テナント
建築主:川西石道特定目的会社(出資比率:大和ハウス工業50%、フジタ50%)
設計施工:フジタ・大和ハウス工業特定建設共同企業体
着工日:2022年2月1日
竣工予定日:2023年9月30日
稼働開始日:2023年10月1日
総事業費:約200億円

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース