LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

中央倉庫/滋賀県大津市に1.32万m2倉庫建設

2022年02月10日/物流施設

中央倉庫は2月10日、滋賀県大津市に新倉庫「大津営業所」を建設すると発表した。

<完成予想図>
20220210cyuosoko 520x290 - 中央倉庫/滋賀県大津市に1.32万m2倉庫建設

新倉庫は地上4階建て延床面積1万3200m2を計画しており、4月上旬の着工、2023年5月下旬の竣工を予定している。

建設地は、名神高速道路「瀬田西IC」「瀬田東IC」から各6km、京滋バイパス「石山IC」から5km、2024年度に開通予定の新名神高速道路(大津JCT~城陽JCT)「大津スマートIC」から2kmの立地。

建屋にはコンテナ車も収まる15mの庇を設置し、大型貨物もバンニング可能な積込用ホームを予定している。

BCP対策として自家発電機を設置するほか、全館LED照明や屋上太陽光発電の設置で環境にも配慮する。

■「大津営業所」建設概要
建設地:滋賀県大津市関津4
アクセス:名神高速道路「瀬田西IC」「瀬田東IC」各6km
京滋バイパス「石山IC」5km
新名神高速道路「大津スマートIC」2km(2024年度開通予定)
建屋規模:<倉庫>鉄筋コンクリート・鉄骨造4階建て 延床面積1万3200m2
<事務所>鉄骨造3階建て 延床面積1815m2
着工:4月上旬
竣工:2023年5月下旬

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース