LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

矢野経/2021年度の物流市場規模7.7%増、運賃高騰が影響

2022年05月26日/調査・統計

矢野経済研究所は5月25日、物流17業種総市場を調査し、業種別の動向や、参入企業の動向、将来展望を明らかにした。

<物流17業種総市場規模推移・予測>
20220526yano 520x325 - 矢野経/2021年度の物流市場規模7.7%増、運賃高騰が影響

それによると、2021年度の物流17業種総市場規模(売上高ベース)は21兆5810億円(前年度比7.7%増)を見込んでいる。

同年度は、EC市場の拡大を受けて、引き続きラストワンマイルを中心とした物流業種の宅配便や軽貨物輸送などは堅調に推移する見込みであるとしたほか、産業向けの物流も2020年度に比べると回復する見込みで、海上輸送・航空輸送の需給ひっ迫による輸送運賃の高騰も継続すると考察している。

​​前年度比7.7%増という大幅な市場拡大は輸送運賃の高騰に因る部分が大きく、物量や荷動きがコロナ禍以前の水準に回復することは想定していない。物流業種別では、海運や宅配便、航空貨物輸送、フォワーディング等が大幅に増加し、市場規模を押し上げると見込んでいる。

また、今後の物流17業種総市場規模の推移については、2022年度は22兆500億円、2023年度は22兆4610億円と予測している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

調査・統計に関する最新ニュース

最新ニュース