LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

CAC/「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険の実証実験

2022年07月19日/IT・機器

シーエーシー(CAC)は7月19日、準天頂衛星システム「みちびき」を利用した「みちびき×ブロックチェーンを用いた配達員保険システム」の実証実験を行ったと発表した。

<実証実験フロー図>
20220719cac1 520x257 - CAC/「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険の実証実験

社会問題になっているフードデリバリーサービス配達員による危険運転問題を解決するため、「みちびき」のSLAS(サブメータ級測位補強サービス)を活用して配達員の運転情報と連動する保険システムを開発し、2021年9月から2022年3月にかけて市街地(東京都江戸川区)で実証実験を実施したもの。

実験においては、SLAS受信機で走行中の自転車の位置情報を取得・処理・判定して、ブロックチェーン上にデータを保存するシステムとアプリを開発した。

<スマホアプリ画面(左から配達開始前、 配達中)とWebアプリ画面>
20220719cac2 520x191 - CAC/「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険の実証実験

開発したアプリのうち、「配達員用スマホアプリ」は、配達員が配達中に使用するアプリ。配達ルートの選択(例.予め設定した推奨ルートを逸脱していないか)や走行中のルール違反(例.逆走等)をリアルタイムで判定し、スコア化する等の機能を実装。

また、「 ユーザー用Webアプリ」は保険会社等が使用するアプリ。各配達員が加入中の保険情報や保険グループの情報を確認し、保険料のシミュレーションを行うことが可能だ。

実験では、「推奨ルート以外を走行していないか」「スピードを超過していないか」についてスマホアプリで走行中の位置等の情報を収集し、配達結果を正しく評価できるか、そして、ブロックチェーン上で共有された配達スコアから保険料を計算する検証を実施した。保険料の計算では、グループ保険の形式を想定してグループ単位でグループ内の各配達員の保険料を自動的に計算するブロックチェーンのスマートコントラクト(予め設定された条件に沿って契約を自動的に執行する仕組み)を開発した。

<実証実験の様子(左から走行時の位置情報取得、 リアルタイム判定、 配達評価結果)>
20220719cac3 520x325 - CAC/「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険の実証実験

さらに実験では、市街地において、このシステムにより配達員が走行した位置情報を正確(誤差1m以内)に取得でき、配達を評価するスコアを想定したパターンで計測可能なことが分かった。また、フードデリバリーサービス会社と保険会社間でブロックチェーンの仕組みを用いてスコア等のデータを改竄できない形で共有できることを確認した。

一方で、課題も明らかになった。今回の実験ルートは比較的単純なルートだったが、実際の配達ルートは頻繫にカーブが続いたり、道路幅員が変化する等、より複雑になる。こうした複雑なルートの場合、現在の判定アルゴリズムでは誤判定されるケースがあるため、改善が必要。

今後、CACは、今回の実証実験結果を基に、複雑なルートにも対応できるルール違反判定アルゴリズムの改善や事業化に向けたコストの精緻化等を検討し、事故の低減に貢献するシステムの開発を進めていくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース