LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

セイノーHD/4~6月の売上高2.7%増、営業利益4.4%増

2022年08月10日/決算

セイノーホールディングスが8月10日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高1525億2900万円(前年同期比2.7%増)、営業利益72億6400万円(4.4%増)、経常利益87億2700万円(10.1%増)、親会社に帰属する四半期純利益54億4800万円(9.4%増)となった。

セグメント別の輸送事業は売上高1163億7200万円(5.1%増)、営業利益は54億1300万円(3.7%増)となった。

輸送事業においては、中核会社である西濃運輸を中心に、営業体制の強化を図り適正運賃収受を進め、貨物の量、サイズに見合った最適な輸送モードの提案や、顧客カルテシステムの活用による新規荷主の獲得や出荷継続率の向上に繋げ、更なる取扱貨物量の確保に取り組んだ。

ロジスティクス部門では、近年新設したロジ・トランス施設の活用や保管スペースの拡大に努め、特積みから「ロジのSEINO」への新化を推し進めた。一方で、路線便の運行効率化や仕分け・積込み業務の効率化による生産性の向上を図り、取扱貨物量に相関した費用の最適化を行うことで、利益の確保に努めた。

また、ダブル連結トラックの運行を西広島と北大阪間で新たに開始するなど、CO2削減や、トラックドライバー不足の緩和、働き方改革にも努めてきた。

通期は、売上高6203億円(2.1%増)、営業利益314億3000万円(14.1%増)、経常利益344億3000万円(13.7%増)、親会社に帰属する当期純利益217億円(25.8%増)を見込んでいる。

関連記事

決算に関する最新ニュース

最新ニュース