LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井など/苫小牧港でLNGバンカリングトライアルに協力

2022年09月08日/IT・機器

商船三井は9月8日、苫小牧港管理組合と石油資源開発が北海道苫小牧港で実施したLNGバンカリングトライアルに協力したと発表した。

同トライアルでは、同社が保有し、同社グループの日本栄船が運航するLNG燃料タグボート「いしん」を起用してLNGバンカリングを行った。また、トライアル実施においては、同社グループのMOLマリン&エンジニアリングから海事コンサルティングに関して協力を行った。

<バンカリングトライアル>
20220908syousenmisui1 520x322 - 商船三井など/苫小牧港でLNGバンカリングトライアルに協力

<記念セレモニー 左から苫小牧港管理組合 平澤専任副管理者、MOLマリン&エンジニアリング 中島社長、日本栄船 西尾社長、商船三井 向井執行役員、苫小牧港管理組合 管理者 岩倉市長、石油資源開発 菅専務執行役員、石油資源開発 松本北海道事業長、苫小牧港管理組合議会 遠藤議長>
20220908syousenmisui2 520x339 - 商船三井など/苫小牧港でLNGバンカリングトライアルに協力

LNG燃料は従来の燃料油に比べ二酸化炭素では約25%のGHG排出削減効果があり、同社では「今すぐ実現可能なGHG排出削減の取り組み」として、LNG燃料船の導入を進めている。

なお、「いしん」は現在、大阪堺泉北港を中心に大型貨物船等のエスコート業や入出港作業を担っているが、同船のLNGバンカリングトライアルは神戸、名古屋に次ぐ3例目となる。今回のLNG燃料は、大阪堺泉北港での供給と同様に、Truck to Ship方式で供給を受けた。

同社グループは、2050年までにネットゼロ・エミッションを達成することを目指し、2021年6月に「商船三井グループ 環境ビジョン 2.1」に沿って脱炭素・低炭素化実現に向けた「クリーン代替燃料の導入」戦略を推進しており、今後もグループ一丸となり低・脱炭素化社会の実現に貢献するとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース