LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎汽船など/NEDO「液化CO2輸送実証事業」の実証試験船起工

2022年10月07日/IT・機器

川崎汽船、エンジニアリング協会、日本ガスライン、お茶の水女子大学は10月7日、2023年12月に竣工予定で掲題事業に提供される実証試験船の船体の起工式が、三菱造船下関造船所で執り行われたと発表した。

<液化CO2輸送の実証試験船イメージ 三菱造船提供>
20221007kawasaki2 520x299 - 川崎汽船など/NEDO「液化CO2輸送実証事業」の実証試験船起工

同船は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、2021年度から実施している「CCUS研究開発・実証関連事業/苫小牧におけるCCUS大規模実証試験/CO2輸送に関する実証試験/CO2船舶輸送に関する技術開発および実証試験」で、エンジニアリング協会(ENAA)が研究開発を行う液化二酸化炭素の舶用タンクシステムを搭載し、液化CO2輸送に従事する実証試験船となる。

<起工式の様子 左から、川崎汽船 金森聡執行役員、日本ガスライン 邑松泰宏社長、石﨑正史会長、三菱造船 森宏司執行役員、山友汽船 望月正信社長)>
20221007kawasaki1 520x371 - 川崎汽船など/NEDO「液化CO2輸送実証事業」の実証試験船起工

起工式には、実証試験船の同事業への提供を請け負った山友汽船立会いのもと、三菱造船の関係者が工期中の安全と無事の竣工を祈願、日本ガスライン、川崎汽船も列席した。

エンジニアリング協会と再委託事業者各社(川崎汽船、日本ガスライン、お茶の水女子大学)は、輸送実証に向けた準備と研究開発を実施。同協会は、液化二酸化炭素の舶用タンクシステムを搭載した実証試験船の運用開始に向け、これまで円滑に研究開発を推進しており、引き続き船舶による液化CO2輸送技術や、舶用タンクシステムの研究開発・ 実証試験の企画、評価、解析及び船舶関連の総括を担う。

川崎汽船は、今年度実証試験船安全性評価の為のリスクアセスメントを実施する計画を進めており、実証試験船のオペレーションのマニュアル策定に貢献する。

日本ガスラインは、実証試験船の船舶管理・運航のための計画立案を進めると共に、実証試験船でのCO2の温度、圧力、流動等のデータ計測を実施するための準備として、自社所有LPG船でのケーススタディを実施している。

お茶の水女子大学は、CO2の状態および相変化制御に関する 基礎基盤研究を遂行し、安全な輸送検討に必要な情報を提供する。

エンジニアリング協会、川崎汽船、日本ガスライン、お茶の水女子大学の4者は、同実証事業を通じてカーボンニュートラル社会の実現に貢献していくとしている。

■液化CO2輸送船の主要目
タンク容積:1450m3
船長:72.0m
船幅:12.5m
喫水:4.55m

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース