LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ZMP/ロボットの遠隔監視オペレーションでバーチャレクスと協業

2023年01月24日/IT・機器

PR記事

ZMPは1月24日、バーチャレクス・グループのバーチャレクス・コンサルティング(以下、バーチャレクス)とロボットの遠隔監視オペレーションについて協業体制を整備したと発表した。

今回の体制整備は、2023年4月に予定されている道路交通法改正によるロボット運用の需要増加を見据え、自社による運用体制に加え、さらなるオペレーション需要にも迅速に対応することが目的。

<ロボットの遠隔監視オペレーションで協業>
20230124zmp1 520x180 - ZMP/ロボットの遠隔監視オペレーションでバーチャレクスと協業

バーチャレクスが創業以来培ってきた非対面接点領域におけるスキルやノウハウと、ZMPのロボット製品のシナジー効果によって、自動配送・宅配ロボットの普及や事業化の促進、業界の活性化に繋げるべく、協業に至ったという。

ZMPはロボットメーカーとして、物流支援ロボットや自動運転車両など、多様な製品を開発・保有している。その中でも2023年4月に予定されている道路交通法改正により、遠隔で人が常時監視することを条件に公道を走行できるようになる「歩行速ロボ(無人宅配ロボットなどの6km/h以下で走行するロボット群)」(遠隔操作型小型車)のオペレーションの一部をバーチャレクスが担い、遠隔監視業務を共同推進することで合意している。

<遠隔監視業務を共同推進>
20230124zmp2 520x186 - ZMP/ロボットの遠隔監視オペレーションでバーチャレクスと協業

両社は今年度、安全性やビジネス性の検証を目的とした実証実験プロジェクトを共同で進めており、バーチャレクスの人員が実際にロボットの操作/監視を行いながら、運用現場起点での機体やシステムに対する課題抽出およびフィードバック、オペレーションの標準化、研修・教育の体系化など、バーチャレクスの持つ非対面(遠隔)接点領域での経験値や知見を利活用する形で、ロボットオペレーションに際しての必要事項の集約を進めている。

また今後も、ロボット事業領域におけるエンドユーザー・業界への貢献や振興・活性化に向けて、多角的に協業していく方針だ。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース