LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





鈴与商事/ウイングアーク1st等とGHG排出量データで連携

2024年06月26日/IT・機器

鈴与商事は6月26日、企業の脱炭素経営を支援するゼロボードおよびウイングアーク1stとGHG(温室効果ガス)排出量のデータ連携に関する基本合意を締結した。

この合意によって、鈴与商事とウイングアーク1stが共同で提供する「EcoNiPass(エコニパス)」とゼロボードが提供するGHG排出量算定・可視化ソリューション「Zeroboard(ゼロボード)」のサービス間において、相互にGHG排出量のデータ連携を可能とする。

データ連携により、ユーザー企業のGHG排出量データをサービス間で受け渡すことで、従来の業界平均値に基づく排出原単位を用いた排出量の算定ではなく、企業固有の排出量データを排出原単位として活用することが可能となる。これにより企業努力によるGHG削減効果を明確化し、サプライチェーン全体でのGHG排出量削減を支援する。

加えて、鈴与商事とゼロボードの2社間では「EcoNiPass」「Zeroboard」の営業支援に関する業務提携契約を結び、鈴与商事は同社顧客企業に対して「Zeroboard」の提案を行っていく。

<「EcoNiPass」画像例 >
20240626suzuyo - 鈴与商事/ウイングアーク1st等とGHG排出量データで連携

なお、「EcoNiPass」は、サプライチェーンでのCO2排出量を集計・可視化から、削減に向けた計画立案の支援、削減施策の実行までトータルでサポートするCO2排出量可視化プラットフォーム。カーボンニュートラルの推進に取り組んでいる企業とサプライヤーのCO2排出量をクラウドサービス上で自動的に集計し、CO2排出量の現状把握と削減施策の検討を支援する。

1製品あたりのカーボンフットプリントの算出や省エネ法の報告レポートまでCO2削減に向けた可視化機能も備わっている。サプライチェーン連携機能では、取引先の1社の活動量を入力すると、自動的にScope3へ連携し算出するため、企業や事業グループの管理にも使用できる。簡単な操作とわかりやすい画面、低価格でシンプルな料金体系により、CO2排出量を把握するための業務工数とコストを削減する。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース