LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





関電不動産開発/石川県白山市、北陸エリア中心地に物流施設を竣工

2024年07月02日/物流施設

関電不動産開発が、石川県白山市において開発を進めていた物流施設「KRD-Logistics白山木津」が、6月28日に竣工した。

<施設外観>
0702kanden1 - 関電不動産開発/石川県白山市、北陸エリア中心地に物流施設を竣工

<位置図>
0702kanden5 - 関電不動産開発/石川県白山市、北陸エリア中心地に物流施設を竣工

立地は北陸の幹線道路である北陸自動車道「白山IC」まで車で約15分、金沢市中心部(金沢駅)まで車で約25分とアクセスが良い。

白山市は北陸エリアの中心部に位置し、北陸3県の主要都市への配送が可能。金沢市や小松市等の人口集積都市にも近く、北陸有数の工業都市でもある。

<倉庫内>
0702kanden2 - 関電不動産開発/石川県白山市、北陸エリア中心地に物流施設を竣工

施設面では、梁下有効天井高5.5m以上、床荷重は1階が2.0t/m2、2.3階が1.5t/m2を確保。建物は最大4区画に分割貸与可能で、最小区画である4958.67m2(約1500坪)から幅広いニーズに対応する。

<荷物用エレベーター>
0702kanden3 - 関電不動産開発/石川県白山市、北陸エリア中心地に物流施設を竣工

<垂直搬送機>
0702kanden4 - 関電不動産開発/石川県白山市、北陸エリア中心地に物流施設を竣工

荷物用エレベーター4基、垂直搬送機4基を実装。従業員の通勤手段も考慮し、敷地内に212台の駐車場を確保している。さらに、冬季の積雪を見据え車両出入口及びトラックバース部分に融雪装置を設置した。

ゼロカーボンにも取り組む。オール電化の物流施設として、LED照明や人感センサー(事務所区画)を採用するなど、省エネに配慮している。BELS評価最高ランク5スター、「ZEB Ready」認証を取得。

関電不動産開発は同施設を含め9つの物流施設を保有・運用している。今後も高い需要が見込まれるエリアへの積極的な投資を通じて、物流事業の成長と拡大を継続的に図っていく考えだ。

■施設概要
施設名:KRD-Logistics白山木津
所在地:石川県白山市木津町1815番 安養寺町ト88番(地番)
敷地面積:2万1230.53m2
延床面積:2万6031.32m2
構造規模:鉄骨造 地上4階
主要用途:倉庫(倉庫業を営む倉庫)
設計:大和ハウス工業
施工:大和ハウス工業
着工:2023年6月16日
竣工:2024年6月28日

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース