日本製粉/20億円投じ、福岡工場に原料サイロを新設

2014年06月25日 

日本製粉は6月25日、箱崎埠頭に立地している福岡工場に原料サイロ(2万トン)を20億円投じて、新設すると発表した。

<福岡工場>
20140625nihonseifun - 日本製粉/20億円投じ、福岡工場に原料サイロを新設

製粉事業のコスト競争力強化を図るため、自社原料サイロの備蓄能力を10万トン引き上げ、30万トンとする一連の計画のひとつ。

福岡工場の製造能力は日産600トンで、九州地区最大の小麦粉供給能力を有している。原料サイロの新設は、その供給能力をより一層、磐石な体制へと進化させるもので、小麦粉の安定供給につながるものとしている。

博多港サイロに隣接する東福製粉との経営統合の合意が成立しており、九州地区での日本製粉グループ製粉事業の拡大強化が図られることになる。

日本製粉は、2012年10月に神戸甲南工場の製粉ラインの増設と原料サイロ(2万3000トン)の新設、2014年3月には千葉工場原料サイロ増設(2万5000トン)を計画通り実施・完工している。

今後、神戸甲南工場(第2期)、知多新工場を順次着工し、完成後は製粉企業として自社保有小麦サイロの収容力で業界トップとなる。

■福岡工場原料サイロ新設概要
建設内容:原料サイロおよび附属設備
収容量:2万トン
場所:福岡工場敷地内
着工:2014年12月(予定)
設備投資額:約20億円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集