LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

SGHD/運賃単価の改善、ほぼ完了

2015年05月07日/SCM・経営

  • 関連キーワード
  • 運賃

SGホールディングスは5月7日、2015年3月期決算の説明を行い、単価改善は、ほぼ完了したとし、今後はグループ連携による3PL事業と国内外の一貫物流を目指すと発表した。

<中島俊一取締役(右)と関根眞二執行役員>
20150507sghd 500x334 - SGHD/運賃単価の改善、ほぼ完了

<過去10年間と2015年度の3月期発送個数・単価推移>
20150507sghd2 500x226 - SGHD/運賃単価の改善、ほぼ完了

適正運賃収受の取組による単価改善は2013年3月期の460円から、2014年3月期には486円、2015年3月期には503円までアップした。中島俊一取締役と関根眞二執行役員は「単価が503円まで回復したことで、ほぼ完了。一部、改定の時期が遅れている企業もあるが、今後も多少の単価アップとなるだろう」と述べた。

今後の取り組みについては、2015年度の方針として、デリバリー事業では、グループ連携によるソリューション営業の推進、差別化商品の展開とコストコントロールを通じた収益拡大を図る。

スマート納品と呼ぶ物流倉庫などの入庫業務の効率化を進める。また、社会問題を解決する新たなオープンプラットフォームの戦略では、ローソンとの業務提携により生まれたSGローソンでの自宅への配送・御用聞きサービスやコンビニ受け取りサービスも開始する。

ロジスティクス事業では、グループ連携による3PL・国際物流の拡充、ASEAN等の重点事業領域への経営資源投下を実施。エクスポランカとの連携強化によるネットワーク強化を図る。

その具体的な試みが「GOAL」と呼ぶ社内横断的先進的ロジスティクス・プロジェクトチームの展開。ロジスティクスだけでなく、IT関連や決算、さまざまな機能付加まで含めての展開としている。

エクスポランカとの連携では、そのノウハウを結集し、南アジア・東南アジア。東アジアと日本を中心とする強固な物流ネットワークを築くとしている。

不動産事業では、物流系オープンエンド型非上場投資法人「SGAM」が営業を3月26日から開始し、10物件り物流不動産を約300億円で取得。今後も、SGホールディングスグループの事業インフラを中心として、安定性の高いポートフォリオを維持するとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース