メディパルHD、アインHD/卸と保険薬局が物流効率化で協業

2020年02月27日 

メディパルホールディングスとアインホールディングスは2月27日、持続可能な社会を実現するための新たな医薬品流通モデルの構築に向けたトライアルを実施すると発表した。

トライアルは、3月中旬から東京都・埼玉県内のアイン薬局7店舗で開始予定。卸の物流機能と保険薬局の店舗サービスのノウハウと強みを生かし、従来の商習慣にとらわれない新たな医薬品流通モデルを構築する。

具体的には、CO2排出量削減に向けて、保険薬局ごとに最適な医薬品の在庫量を分析・管理し、両社間の受注・納品業務を減らすことで、配送によるCO2排出量を大幅に削減する。

また、生産性の向上に向けては、医薬品の納品・検品・棚詰めなどの作業を効率化し、物流に係る従業員の労働生産性を向上させるとともに、薬剤師の本来業務への時間創出を図る。

そのほか、働き方改革に向けた取組みとして、納品・検品の回数を大幅に減らすことをはじめ、両社で効率的な物流を追求することにより、多様化する働き方のニーズに対応できる環境を作る。

これらの取り組みによって、地球環境に配慮した医薬品流通の在り方を目指すとともに、患者の想いに寄り添い、支え続けるための取組みを検討・実現。併せて、卸と保険薬局の双方にとって、持続的成長を見据えた効率的で働き甲斐のある事業環境を実現する。

最新ニュース

物流用語集