ESR/川崎市川崎区浮島町に6.69万m2の物流施設開発

2020年03月31日 

ESRは3月31日、神奈川県川崎市川崎区浮島町に敷地面積3万2227m2、延床面積6万6930m2、4階建てマルチテナント型 「ESR浮島ディストリビューションセンター」(ESR浮島DC)を開発すると発表した。

<「ESR浮島ディストリビューションセンター」完成イメージ図>
「ESR浮島ディストリビューションセンター」完成イメージ図

<首都圏のESRの物流施設 >
首都圏のESRの物流施設

<「ESR浮島ディストリビューションセンター」所在地 >
「ESR浮島ディストリビューションセンター」所在地

総投資額約240億円、2021年3月着工・2022年8月竣工を予定している。

「ESR浮島DCはESRにとって全国で29番目、神奈川県内では6件目のプロジェクトとなる。「ESR浮島DC」の開発予定地は京浜工業地帯の中心部に位置し、羽田空港至近、東京都心・横浜中心部へのアクセスに優れ、陸海空のインフラが整った非常に利便性が高い希少な立地にある。

「ESR浮島DC」は首都高速神奈川6号川崎線「浮島IC」より300m、首都高速湾岸線と東京湾アクアラインの結節点「川崎浮島JCT」より700mにあり、東京都心まで30分、横浜中心部へ25分でアクセスできる。現在整備が進められている「羽田連絡道路」(2021年3月竣工予定)が完成後は、羽田空港まで7km・約10分と利便性がさらに高まり、空輸された貨物のニーズにもより迅速に対応できるようになる。

羽田空港に至近なうえ、川崎港コンテナターミナルより7.5km、横浜港大黒ふ頭より15km、東京湾大井コンテナふ頭より15kmという位置で、空輸貨物、海上貨物を効率的に保管でき、輸出入貨物配送で優位性を確保できる。さらに、神奈川県や東京都など大規模な人口を擁する地域にも近く、成長著しいe-コマースや小売業界の商品物流の高い需要に応えることも可能だ。

また、この施設最寄りバス停「浮島バスターミナル」(徒歩2分)まで、京浜急行「大師橋駅」とJR「川崎駅」から豊富なダイヤでの通勤が可能で、県内外の広域から労働力確保も容易であり、雇用の観点からも有利な立地。

建物は4階建ての免震構造で、トラックはスロープで3階まで直接アクセスでき、荷物の積み下ろしのためのトラックバースは1階に30台、3階に30台、2階・4階は荷物用エレベーター設置で物流運営の効率性を重視した仕様となっている。倉庫部分は小割対応の設計で最大8テナントに分割予定。医療関係など緊急性の高い配送や、食品関係のニーズも見込み冷凍冷蔵貨物への対応も検討している。

ESRは各国・地域が定める環境に配慮した認証基準に従い、再生可能エネルギーを有効に活用し、地球環境と周辺住環境に配慮した省エネルギーで持続可能な物流施設の開発を積極的に行っている。「ESR浮島DC」でも倉庫・事務所・共用部での LED照明の採用、再生可能エネルギーの積極的な活用、周辺環境や周辺景観との調和も考慮した緑化計画などに積極的に取り込むことでCASBEE3Aランクも取得予定。

また、非常用自家発電機を整備するなど、入居企業者様の BCP(事業継続計 画)にも配慮し、高いセキュリティと危機管理、安心・安全な環境を提供する、としている。

■概要
名称:ESR浮島ディストリビューションセンター
所在地:神奈川県川崎市川崎区浮島町400-36
敷地面積:3万2227m2
延床面積:6万6930m2
竣工:2022年8月(予定)
用途地域:工業専用地域
アクセス:(車)首都高速神奈川6号川崎線「浮島IC」より300m 首都高速湾岸線・東京湾アクアライン「川崎浮島JCT」より700m (バス) 川崎鶴見臨港バス「浮島バスターミナル」下車徒歩2分 ◎当バス停まで京浜急行大師線「大師橋駅」の最寄りバス停「江川一丁目」より約15分、「川崎駅前」より約35分
羽田空港へ7km(羽田連絡道路開通後)/川崎港コンテナターミナルへ7.5km/横浜港大黒ふ頭へ 15km /東京湾大井コンテナふ頭へ 15km/東京都心へ23km/横浜中心部へ約20km

最新ニュース

物流用語集