Yper/楽天の置き配サービスに宅配バッグ「OKIPPA」が採用

2020年04月20日 

Yperは4月20日、宅配バッグ「OKIPPA(オキッパ)」が楽天の置き配サービスに採用されたと発表した。

<サービス開始に合わせて作成された楽天オリジナルのOKIPPA>

楽天は、運営する配送サービス「Rakuten EXPRESS」の不在再配達を削減する取り組みの一環として、2018年6月から置き配を実施している。今回、新たにOKIPPAを商品購入後の配送方法として選択できるようにすることで、置き配の認知向上と利用促進を図る狙い。

Yperと楽天は、ともに国土交通省が実施した「置き配検討会」の構成員で、会での意見交換を通じて今回の取り組みが実現した。EC事業者がOKIPPAを配送先選択肢の一つとして採用したのは、今回が初めての事例。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集