伊藤忠テクノ/AIサプライチェーン最適化ソリューションを提供

2020年07月30日 

伊藤忠テクノソリューションズは7月29日、AIを活用したサプライチェーン最適化ソリューションの提供を開始した。

<ソリューション全体イメージ>

このサービスは、AIを使用した需要予測と、シミュレーションや数理最適化の技術を組み合わせ、発注量や在庫量、生産量、配送、物流拠点の配置、廃棄量など、企業の目的に合わせてサプライチェーンの問題点を特定し、継続的な改善につなげるもの。

過去の在庫や販売に関連する実績データと外部データからAIを使用して需要予測を自動的に生成し、予測に関する専門的な知見を必要とせず、予測をもとに在庫や人員、作業スケジュール、工場のレイアウトなどをシミュレーションし、目的に応じて全体の最適化を実現することができる。

シミュレーションソフトウェアは、生産ラインや物流、交通、事務業務などの様々なプロセスを可視化し、計画の定量評価を可能にするLanner Group Ltd.が開発した「WITNESS」を、また、数理最適化ソフトウェアは、パフォーマンスと信頼性で世界的に定評のあるGurobi Optimization, LLC.の「Gurobi Optimizer」を使用。

製造業や物流業の企業を中心に、3年間で15億円の売上を目指す。

最新ニュース

物流用語集