ヤマトHD/EC商品の受け取り、11月からスーパーなどで可能に

2020年08月17日 

ヤマトホールディングスとヤマト運輸は8月17日、「デジタル化された受取・返品システム」を提供するDoddle Parcel Services (Doddle社)と提携し、ニューノーマル時代の新たなEC商品受け取りサービスを11月から開始すると発表した。

<サービスフロー>

EC事業者向け配送サービス「EAZY」の導入事業者や、新サービスを利用するEC事業者の受け取り拠点となるスーパーやドラッグストアなどの店舗に対し、Doddle社の「Click & Collectシステム」を導入し、サービス提供を開始する。

「Click & Collectシステム」では、EC事業者と商品の受け取り店舗を繋ぎ、両者間で出荷や配達、受け取り状況を共有。購入者には二次元バーコードを送付し、受け取り店舗の専用端末でバーコードを読み取ることで、商品の受け取りを可能にする。

これにより、購入者は生活動線上での受け取り拠点が増え、自身の生活スタイルに合わせて商品を受け取ることが可能になる。また、購入者には商品受け取り用のバーコードと合わせて受け取り店舗で利用できるクーポンも送付し、店舗での「ついで買い」を促す。

ヤマトHDでは、新サービス開始にあたり、ドラッグストアやスーパーマーケット、クリーニング店、一般商店などを対象に、受け取り店舗を募集中。今後は、2021年3月を目途にEC商品の返品機能を拡張する予定だ。

新サービスの開始にあたり、ヤマトHDの長尾裕社長は、「ヤマトグループは今、物流・サプライチェーンに変革をもたらす革新的な技術・ビジネスモデルを有す国内外のスタートアップ企業との積極的な連携を進めており、Doddle社との提携はその最も重要な一つだ。Doddle社が持つ、ECのラストワンマイル領域の最先端デジタルテクノロジーを活用することで、日本の消費者に全く新しい受け取り体験を提供できると考えている」とコメントした。

Doddle社は、英国ロンドンに本社を置き、その他米国、オーストラリア、ヨーロッパ、日本に拠点を展開。同社の専門知識とテクノロジーは、ASOS、Amazon、United States Postal Service、Australia Postをはじめとする世界中のリテール・物流の大手企業で採用されている。

最新ニュース

物流用語集