山九/熊本・福岡の事業所でコロナ感染者

2020年08月18日 

山九は8月17日、熊本市と福岡県北九州市の各事業所で、計2名の従業員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

熊本市の従業員は、8月11日に出社したものの、昼から体調不良で退社し、PCR検査を受診。翌12日に陽性と判明した。現在は、指定の病院で療養中。社内に濃厚接触者が2名確認されたが、PCR検査の結果、ともに陰性だった。

北九州市の従業員は、8月8日に家族の感染によって濃厚接触者となったため自宅待機。8月13日にPCR検査を受診し、翌14日に陽性と判明した。現在は自宅で療養中。社内に濃厚接触者はいなかった。

最新ニュース

物流用語集