川崎汽船/次世代型環境対応LNG燃料自動車専用船を竣工

2021年03月12日 

川崎汽船は3月12日、今治造船グループの多度津造船で建造中であった液化天然ガス(LNG)を燃料とする自動車専用船「CENTURY HIGHWAY GREEN」が竣工し、同社に引き渡されたと発表した。

<CENTURY HIGHWAY GREEN>
20210312kawasaki1 520x347 - 川崎汽船/次世代型環境対応LNG燃料自動車専用船を竣工

<CENTURY HIGHWAY GREENの動画>

この船は従来の重油燃料の船に比べ、温室効果ガス(GHG)である二酸化炭素(CO2)の排出を25%~30%、大気汚染の原因となる硫黄酸化物(SOx)の排出をほぼ100%、LNG燃料の使用に加えEGR(Exhaust Gas Recirculation)を使用することにより窒素酸化物(NOx)の排出は80%~90%の削減を見込む次世代型環境対応船。低環境負荷での輸送を実現する、同社運航自動車専用船で初めてとなるLNG燃料船の就航は、同社が掲げる「”K” LINE 環境ビジョン2050」の目標達成に向けた重要なマイルストーンとなる。

この船は、3月3日の命名式で、同社自動車専用船で過去4隻に採用した伝統ある「CENTURY HIGHWAY」という船名に、地球や環境との調和をイメージさせる「GREEN」を冠し、命名された。

■概要
全長:199.98m
型幅:37.2m
最大積載自動車台数:7080台
総トン数:7万3515トン
LNG燃料タンク容量:2439m3
船籍:日本

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集