日立製作所/医療材料物流拠点向けに自動化ソリューション納入

2021年04月20日 

日立製作所は4月20日、シップヘルスケアグループの小西医療器が新設した医療材料の物流拠点である大阪ソリューションセンター向けに、日立インダストリアルプロダクツ製の小型無人搬送ロボット「Racrew(ラックル)」と自動倉庫、およびそれらを連係させた自動化ソリューションを納入し、本格稼働を開始したと発表した。

<大阪ソリューションセンターで自動倉庫と連携する小型無人搬送ロボット「Racrew」>
20210420hitachi1 520x292 - 日立製作所/医療材料物流拠点向けに自動化ソリューション納入

<別角度からの様子>
20210420hitachi2 520x347 - 日立製作所/医療材料物流拠点向けに自動化ソリューション納入

具体的には、小型無人自動搬送ロボット「Racrew」15台で同材料が保管されている棚を指定位置まで搬送し、垂直搬送機を通じて自動倉庫(格納数:1440 パレット、縦 27m×横 15m×高さ18m)と連係させ、これら全体を倉庫制御システム(WCS)で一括制御することで、設備間の搬送の全自動化を実現した。

これらにより、小西医療器では従来のピッキング業務に比べて作業効率を約2倍、保管効率を約2倍向上し、さらには「Racrew」と自動倉庫の連係により作業状況などに合わせた効率的な棚の入出庫を実現する。なお、このソリューションの納入は、日立としては初めてとなる。

医療用機器・器具を販売する小西医療器では、医療機関に消耗品を日々配送するメディカルサプライ事業を行っており、従来、物流倉庫にでの医療材料のピッキング業務などを人の手を介して行っていたことから、作業効率・生産性の向上が課題だった。このような中、小西医療器では、新設する大阪SCにおいて、関西圏の配送ニーズに迅速かつ正確に応えることをめざして、最新鋭の自動物流設備を導入することにしたもの。

そして、こうしたニーズに対応するソリューションとして、今回、日立は「Racrew」と自動倉庫を連係させたソリューションの受注・納入に至ったもの。非接触・自動化が求められるニューノーマル時代に対応するこのソリューションの提供により、安心・安全の実現と、さらなる生産性の向上を実現する。

日立グループは、物流倉庫の高度化ソリューションとして、「Racrew」などのプロダクト、WCS やロボティクスなどの OT、倉庫管理システム(WMS)やAIを活用した倉庫業務効率化サービスなどのITまで幅広いラインアップを有しており、これらを組み合わせて顧客の課題を解決するトータルシームレスソリューションを提供している。

これまで、大手通信販売会社向けに、「Racrew」を累計700台以上と WCSを受注した実績がある。また、2021年4月には、知能ロボットシステム開発のスタートアップ企業である Kyoto Robotics を買収し、デパレタイズやパレタイズも含めた物流倉庫の自動化ライン全体のロボット SI のソリューション提供力の強化を図っている。

■概要
発注者:小西医療器
納入先:大阪ソリューションセンター(大阪府門真市)
契約内容:「Racrew」15台、自動倉庫、WCS
契約年月:2020年2月
納入年月:2020年12月

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集