センコン物流/宮城県から「輸出基幹品目販路開拓業務」を受託

2021年06月04日 

センコン物流は6月4日、2020年度、宮城県の委託事業「輸出基幹品目販路開拓業務」を受託したと発表した。

<イベントの様子>
20210604senkonb 520x346 - センコン物流/宮城県から「輸出基幹品目販路開拓業務」を受託

事業内容は、宮城県産食品の中から基幹品目(仙台牛、牡蠣、帆立、サバ、日本酒)を抽出し、海外で新たな販路を開拓すること。

新型コロナウィルス感染症で需要が落ち込んだタイおよびベトナム向けに販路の復活、拡大を目指して、オンライン商談会やイベントを開催。

現地での営業活動には、実際の渡航が出来ないなど制限があることから、宮城県による食品の製造過程から、実際に食するまでの一連の流れを視覚に訴えるインパクトのある動画を制作した。Webによる商談会や、動画など新たなデジタルプロモーションツールを、SNSなどを通じて流通させ、広く「食材王国みやぎ」の情報発信を行った。

タイ、ベトナム共に、コロナによる長期間のロックダウン等が発生する状況だったが、ほぼすべての品目で販路拡大、新規取引につなげることができた。

同社では、今後とも万全の体制で取り組み、継続的な輸出が実現できるようサポートしていくとしている。 

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集