商船三井/インド・タタスティールと海上輸送のGHG削減で協業

2021年08月24日 

商船三井と商船三井ドライバルクは8月24日、インド最大手の製鉄企業であるTata Steel(タタスティール)と、製鉄用原燃料の海上輸送に伴う温室効果ガス(GHG)排出量の削減に向けて、環境負荷の少ないばら積み船の実現を目指して協業を行う覚書を締結したと発表した。

3社は、環境対応船を通じた海上輸送でのGHG排出削減という共通目標を実現すべく、パートナーシップを強化。今後はクリーン代替燃料や商船三井が手掛ける「ウインドチャレンジャー」を含めた各種GHG削減に向けた新技術の導入を検討していく。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集