LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

YE DIGITAL/倉庫自動化に特化したWESを11月より提供開始

2021年09月06日/IT・機器

YE DIGITALは9月6日、物流倉庫の自動化促進に特化したWESである倉庫自動化システム「MMLogiStation」を開発し、11月25日より提供を開始すると発表した。

<システム構成イメージ>
20210906yedigital 520x289 - YE DIGITAL/倉庫自動化に特化したWESを11月より提供開始

倉庫自動化システム「MMLogiStation」とは、自動化設備の導入をスピーディに実現し、かつ、倉庫内のオペレーション全体の最適化を可能にするWES(倉庫実行システム)。

メーカを問わず主要な自動化設備の連携用の作業パーツを、「作業オペレーションデザイナ」上で使用できるプラグインとして提供する。

作業オペレーションを細かい作業パーツとして提供。「作業オペレーションデザイナ」上でこれらの作業パーツを並べることで、業務手順の確認を行うと同時に、WESシステムを生成する。

また、仮想空間上のシミュレーションで、生産性要素データを元にした稼働率や生産性などの分析が可能だ。

幅広い物流業務を管理するWMSシステムは、EC対応等で複雑化しており、従来のようにWMSをカスタマイズして最新の自動化設備を次々と導入するのは大変手間がかかる。

この課題を解決するために、自動化設備との連携機能・データ管理については、WMSから独立させてWESが担う方法が国内外で注目されている。YE DIGITALはそれに加え、倉庫内のオペレーション(人手が関与する作業)もWESで管理することで、倉庫全体の稼働率や生産性の向上に寄与するシステムを開発した。

YE DIGITALは1978年に創業以来、高い制御技術で顧客の自動化システムの開発に携わってきた。物流市場においても自動倉庫等と連携したシステム開発で30年以上の実績がある。この豊富な経験で培ってきた設備制御技術とノウハウを集約し、倉庫システム「MMLogiFrame」を提供してきた。今回提供を開始する倉庫自動化システム「MMLogiStation」はそのアーキテクチャを刷新し、拡張性を高めた次世代の物流倉庫にふさわしい後継システムとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース