東北大発スタートアップ/凸版印刷と物流DX技術開発へ

2021年10月25日 

東北大学発スタートアップのシグマアイは10月25日、凸版印刷と共同で、量子コンピューティング技術の一つである「量子アニーリング」を活用した物流業務の効率化に向けた実証実験を10月から開始したと発表した。

<業務効率化・見える化システム「MITATE」のシステム概要図>
20211025sigma1 520x292 - 東北大発スタートアップ/凸版印刷と物流DX技術開発へ

<量子アニーリングと「MITATE」の連携による物流DXのイメージ図>
20211025sigma 520x392 - 東北大発スタートアップ/凸版印刷と物流DX技術開発へ

量子アニーリングとは、膨大な組み合わせの中から最適な解を求める最適化問題に特化した量子コンピュータの計算技術のこと。

シグマアイと凸版印刷は共同で量子アニーリングの研究を進めており、実証実験では、同計算技術を凸版印刷のグループ会社であるトッパン・コスモが物流業界などに向けて提供している業務効率化・可視化システム「MITATE(ミタテ)」に適用し、計画立案機能を拡張することで、配車・配送計画などの業務の負担軽減、スピードと精度向上、配送時間の縮減やそれに伴う環境負荷低減を実現する。

また、実証実験の効果検証を通して量子アニーリング活用のノウハウを蓄積し、重さ・大きさ・種類・荷姿など荷物に関する情報の安全・安心な運用・管理、集荷や配達に伴う配車・配送計画策定など、物流業務を効率化・可視化する物流DXを目指す。

実証実験では、シグマアイがアニーリング方式の量子コンピュータを活用した配送計画ツールの試作開発と効果検証を担当。凸版印刷は、量子コンピューティング活用に関する研究開発の成果やDX関連事業での知見を生かし、実証実験の効果を検証するとともに、事業化について検証する。

今後、両社は集荷から着荷に至る物流フローにおける物流業務を効率化するシステム開発し、2025年に物流DXソリューションとして提供開始を目指すとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集