ヨコレイ/北海道地区同社冷蔵倉庫を再生可能エネルギー電力に

2021年12月17日 

横浜冷凍(ヨコレイ)は12月17日、北海道で運営する全冷蔵倉庫6拠点、収容能力約14万トンで使用する電力を、2022年4月1日から100%再生可能エネルギー電力に切り替え、脱炭素化に向けた取り組みを更に推し進めていくと発表した。

<100%再生可能エネルギー電力のマーク>
20211217yokorei1 - ヨコレイ/北海道地区同社冷蔵倉庫を再生可能エネルギー電力に

<北海道で運営する全冷蔵倉庫6拠点>
20211217yokorei2 520x285 - ヨコレイ/北海道地区同社冷蔵倉庫を再生可能エネルギー電力に

北海道は、同社冷蔵倉庫の14%を占めるエリアで、冷蔵倉庫収容能力は道内トップシェアを誇る。今回の電力の切り替えにより、年間8225tのCO2排出量を削減できる予定だ。

同社は食に携わる企業として、地球環境の保全は経営の重要課題と捉えており、環境問題に以前から取り組んでいる。フロンガスから自然冷媒への切り替え、大規模屋上太陽光発電装置の設置、省エネ型冷凍機の採用など、様々な施策を進めており、特に屋上太陽光発電はグループ全体の発電能力が6.5MWを越え、業界内では最大の規模。

2020年11月にはヨコレイサステナビリティビジョン2030を策定し、2030年の温室効果ガス排出量40%削減(収容能力あたり、2015年比)をはじめ、各種定量目標・定性目標達成のための取り組みを行っている。

2021年8月26日からは、旧本社跡地に建設された横浜みらいサテライト・横浜みらいHRDで使用する電力を100%再生可能エネルギー電力で賄っている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集