LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

野村不動産/愛知県小牧市で「Landport小牧ANNEX」を満床稼働

2022年03月29日/物流施設

野村不動産は3月29日、愛知県小牧市で高機能型物流施設「Landport(ランドポート)小牧ANNEX」が3月25日に竣工し、満床稼働を迎えたと発表した。

<外観>
20220329nomura 520x368 - 野村不動産/愛知県小牧市で「Landport小牧ANNEX」を満床稼働

同施設は地上5階建て延床面積1万150m2。新開トランスポートシステムズが1棟全体を利用する。

「小牧IC」から4.6kmと至近で、名神高速道路、東名高速道路、中央自動車道の三大高速道路へのスムーズなアクセス環境を実現。また、「名古屋駅」まで22km、東海環状自動車道・伊勢湾岸自動車道へのアクセスも良好で、愛知県内の即日配送に対応可能となっている。

<テーブルリフター>
20220329nomura1 520x357 - 野村不動産/愛知県小牧市で「Landport小牧ANNEX」を満床稼働

<大型シーリングファン>
20220329nomura2 520x315 - 野村不動産/愛知県小牧市で「Landport小牧ANNEX」を満床稼働

設備面では、トラックバースに「テーブルリフター」を採用し、精密機器の荷役効率を向上させているほか、大庇を設けることでバース部の無柱化を実現した。

倉庫は1・2階の梁下有効高を6.5mとし、高い保管効率を実現(3階は5.5m)。1階には大型シーリングファンを設置し、快適な倉庫内労働環境を確保した。

<カフェテリア>
20220329nomura3 520x348 - 野村不動産/愛知県小牧市で「Landport小牧ANNEX」を満床稼働

そのほか、Landportシリーズの共通仕様として、全館人感センサー付LED照明や太陽光発電システムなどを導入し、環境配慮やランニングコスト削減を図っているほか、従業員用のカフェテリアを設置し、アメニティ機能を向上させている。

■Landport小牧ANNEX概要
所在地:愛知県小牧市大字文津1000
交通アクセス:「小牧IC」4.6km 名鉄小牧線「味岡駅」徒歩13分
敷地面積:5936.07m2
延床面積:1万149.63m2
構造・規模:S造・耐震・地上5階建(倉庫3層)
着工:2021年3月1日
竣工:2022年3月25日

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース