LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

名鉄運輸/3月期の売上高2.7%増、営業利益13.2%減

2022年05月10日/決算

名鉄運輸が5月10日に発表した2022年3月期決算によると、売上高1151億1000万円(前年同期比2.7%増)、営業利益31億4400万円(13.2%減)、経常利益31億7900万円(15.5%減)、親会社に帰属する当期純利益19億5000万円(26.8%減)となった。

同社は、同期から「名鉄運輸グループ中期経営計画2023」をスタートし、主力の特積事業と区域、倉庫事業などとの融合やDX化を推進した。

営業面では、コロナ禍の影響で訪問営業に一部制約があったものの、簡易送り状発行システム導入への切替交渉や営業支援システムの改良による業務効率化など、新規顧客の開拓や既存顧客に対する積極的な営業活動によって貨物取扱量を確保した。

輸送ネットワーク強化の一環としては、2021年4月に千葉県野田市の「野田支店」のホームを延長、同8月には埼玉県春日部市に「春日部流通センター」を開業。同9月には愛知県江南市に小牧支店の移転先として建設する物流拠点「名鉄トラックターミナル中部」を着工しており、2023年春のオープンを目指している。

業務面では、輸送量に見合った適正戦力を鑑みた減便施策や、継続雇用社員による幹線運行の自社化を進め、運送委託費削減などコストコントロールに努めた。また、全国各地で日本通運と連携し、幹線・集配業務の協業推進による経営資源の有効活用と業務の効率化に取り組んだ。

次期は、売上高1180億円(2.5%増)、営業利益39億円(24.0%増)、経常利益39億円(22.6%増)、親会社に帰属する当期純利益23億円(17.9%増)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース