LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日立物流/バンテックなど共同で物流環境大賞「先進技術賞」

2022年07月06日/CSR

日立物流は7月6日、日本物流団体連合会主催の第23回物流環境大賞で、同社と顧客(住友精化、ユニ・チャームプロダクツ九州工場)、内航コンテナ船会社(井本商運)、同社グループ会社のバンテックが共同で取り組んだ「海上コンテナ転用による資材国内輸送と同一コンテナでの製品輸出で環境負荷低減に貢献」が「先進技術賞」を共同受賞したと発表した。

同取り組みでの受賞は、「2021年度エコシップ・モーダルシフト優良事業者表彰(海運モーダルシフト大賞)」「2021年度グリーン物流優良事業者表彰(物流DX・標準化表彰)」に続き3件目となる。

<取り組みイメージ図>
20220706hitati 520x337 - 日立物流/バンテックなど共同で物流環境大賞「先進技術賞」

これまで、住友精化姫路工場からユニ・チャームプロダクツ九州工場間の原材料は、全行程をトラックで輸送していたが、将来的にトラックドライバーの安定確保と環境負荷の低減に取り組む必要があった。

そこで、神戸港~門司港間を内航船活用による輸送へモーダルシフトすることで、トラックの長距離輸送をなくし、安定輸送の確保とトラックドライバーの負荷軽減、CO2排出量の削減を実現した。

また、輸出用の海上コンテナを国内輸送に転用(コンテナラウンドユース)することで、輸送車両の大型化により運行回数を削減し、輸送を効率化。さらに、輸出製品積込作業に自動バンニングマシンを導入し、作業時間の削減を行った。

これにより、年間のCO2排出量を対トラック輸送比マイナス61%となる271t削減(445t→174t)。13tトラックから26t積載可能な海上コンテナを使用した輸送とすることで1輸送あたりの積載量が倍増した。また、海上コンテナの国内輸送転用により、ドライバーの年間運転時間を2077時間削減(3508時間→1431時間)。自動バンニングマシンを導入した結果、作業時間を875時間削減 (954時間→80時間)した。

日立物流グループは、CO2排出量を2030年度に50%削減(2013年度比)、2050年度のカーボンネットゼロをめざす「環境中長期目標」を策定し、持続可能な社会の実現に貢献していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース