LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

中央日本土地建物/愛知県一宮市に6.4万m2の物流施設着工

2022年07月20日/物流施設

中央日本土地建物グループは7月20日、子会社の中央日本土地建物が、愛知県一宮市の「(仮称)一宮市物流施設プロジェクト」について、7月19日に新築工事に着手したと発表した。

<建物完成イメージ>
20220720chuou1 520x368 - 中央日本土地建物/愛知県一宮市に6.4万m2の物流施設着工

<建物完成イメージ鳥瞰>
20220720chuo2 520x346 - 中央日本土地建物/愛知県一宮市に6.4万m2の物流施設着工

立地場所は2021年3月に開通した東海北陸自動車道「一宮稲沢北 IC」より0.5km、「一宮西 IC」(隣接する一宮 JCTから名神高速道路にアクセス可能)より約3.7kmの距離に位置している。建物は地上4階建て、延べ床面積6万4000m2超、マルチテナント対応のスロープ型施設。2023年12月竣工、同月に運用を開始する予定。

主な特徴は、名古屋近郊および中部地方への広域配送に対応可能な好立地であること。周辺には大手物流会社や生産工場が所在しており、拠点集約・分散ニーズの観点からも物流施設に適したエリアとなっている。

また、延床面積6万4000m2超、最大8区画まで分割可能なスロープ型物流施設としている。各フロアは梁下5.5m、荷重1.5t/m2を確保しており、スロープによって1階だけでなく3階のトラックバースにも、大型トラックが直接アクセスできる。1階東側には入居企業向けの共用ラウンジを設け、職場環境の向上および雇用促進に寄与する。

<1階ラウンジイメージ>
20220720chuou3 520x269 - 中央日本土地建物/愛知県一宮市に6.4万m2の物流施設着工

<位置図>
20220720chuo4 520x294 - 中央日本土地建物/愛知県一宮市に6.4万m2の物流施設着工

■概要
名称:(仮称)一宮市物流施設プロジェクト
所在:愛知県一宮市大和町北高井字石田7他(地番)
敷地面積:3万2195.52m2(約9739坪)
延床面積:6万4373.43m2(約1万9472坪)
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
規模:地上4階建
交通:東海北陸自動車道「一宮稲沢北 IC」より0.5km、「一宮西 IC」より 3.7km
駐車場: 乗用車130台、トラックバース80台、大型車待機用16台
設計・監理:清水建設
施工:清水建設
コンサルティング:フクダ・アンド・パートナーズ
着工:2022年7月19日
竣工:2023年12月(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース