LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ナビタイム/トラックカーナビ等でETC専用料金所回避ルート提供

2022年08月10日/IT・機器

ナビタイムジャパンは8月10日、トラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」、カーナビアプリ「カーナビタイム」、バイク専用ナビゲーションアプリ「ツーリングサポーター」で、高速道路のETC専用化に対応し、ETC専用料金所を回避するルートと、地図上でのアイコン表示機能を提供開始すると発表した。

これにより、ETC専用料金所にETC非搭載車が誤進入することを防ぎ、安心・安全な運転をサポートする。

<ETC専用料金所回避ルートを提供開始>
20220810navitaime1 520x293 - ナビタイム/トラックカーナビ等でETC専用料金所回避ルート提供

同機能は、ルート検索条件設定で「ETC利用」をOFFにすることで、ETC専用料金所を利用しないルートを検索でき、高速料金表示もETC割引を適用しない金額を表示するもので、地図上に表示されるIC(インターチェンジ)のアイコンの色で、ETC専用かどうかを判別できる(青色:一般IC、紫色:ETC専用、スマートIC)。

<ETC専用化対応機能 サービスイメージ>
20220810navitaime2 520x308 - ナビタイム/トラックカーナビ等でETC専用料金所回避ルート提供

「トラックカーナビ」や「カーナビタイム」はプロドライバーのユーザーも多く、ナビゲーションをせずに走行するケースも多いため、ナビゲーションをしていない時でも、地図上でETC専用料金所かどうかが分かるのも特徴。

さらに「カーナビタイム」では、ETC非搭載車がETC専用料金所に誤進入してしまった場合、高速道路走行中のナビゲーション画面上の料金所情報に、サポートレーンをアイコンで表示し、どこにサポートレーンがあるのかを確認できるようになっている。

ETC専用化は、利用者の利便性向上や料金所の管理コスト削減等を目的に、料金所のキャッシュレス化・タッチレス化を推進するもので、2020年12月に国土交通省および高速道路会社6社がその目的やロードマップを公表しており、今年8月1日時点で、全国44か所の料金所がETC専用となっている。

同社によると、ETCの利用率は今年5月時点で93.9%(国土交通省調べ)と高いものの、一方で、ETCを取り付けられない仮ナンバー車を運搬する陸送業などのユーザーから「ETC専用料金所を通らないルートを検索できるようにしてほしい」などの要望があったことから、同機能を開発した。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース