LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

京セラ/鹿児島国分工場に3.76万m2のMLCC新工場棟を建設

2022年08月17日/生産

京セラは8月17日、積層セラミックコンデンサ(MLCC)の生産容量の拡大や技術開発力の強化、将来を見据えた生産スペースの確保などを目的に、鹿児島国分工場内に第5-1-2工場を建設すると発表した。

<完成予想図(第5-1-2工場)>
20220817kyosera 520x285 - 京セラ/鹿児島国分工場に3.76万m2のMLCC新工場棟を建設

8月17日、地元自治体である霧島市と立地協定締結の調印式を行った後、本年9月より既設研究棟を解体し、2023年2月より新工場棟の建設を開始する予定。

現在、MLCCは、通信端末や半導体関連機器の小型化・高機能化、5G普及に伴うデータセンターの増設をはじめ、車載関連においても、ADAS(先進運転支援システム)やEV技術の高度化など、今後も需要の伸びが見込まれている。これらの需要増加に対応するため、2024年5月から新工場棟の稼働を順次開始し、MLCCの生産増強を進めていくとしている。

■ 新工場棟の概要
名称:京セラ鹿児島国分工場 第5-1-2工場
所在地:鹿児島県霧島市国分山下町1-1
投資総額:約150億円(工場および一部の生産設備)
建築面積:7197m2(鉄骨、6階建)
延床面積:3万7600m2
建設計画:2023年2月着工、2024年5月操業
製品品目:積層セラミックコンデンサ(MLCC)など

関連記事

生産に関する最新ニュース

最新ニュース