LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/LNGを主燃料とした大型船6隻を新造、脱炭素化を加速

2022年08月25日/IT・機器

商船三井は8月25日、環境負荷の低いLNGを主燃料としたケープサイズバルカー4隻と、大型原油タンカー(VLCC)2隻の建造を決定し、造船所と建造契約を締結したと発表した。

<ケープサイズバルカー(4隻)>
20220825syosenmisui.1 520x334 - 商船三井/LNGを主燃料とした大型船6隻を新造、脱炭素化を加速

ケープサイズバルカーは、中国船舶集団青島北海造船(CSSC Qingdao Beihai
Shipbuilding)と21万重量トン型ケープサイズバルカー4隻の建造契約を締結。同社初の同造船所での新造発注であり、2025~2026年に順次竣工予定。

<VLCC(2隻)>
20220825syosenmitui2 520x224 - 商船三井/LNGを主燃料とした大型船6隻を新造、脱炭素化を加速

VLCCについては、商船三井は川崎重工業と30万9000重量トン型VLCC2隻の建造契約を締結した。今回発注したVLCCは、川崎重工業が中国遠洋海運集団と共同運営している大連中遠海運川崎船舶工程(DACKS)で建造する。同社によると、LNG燃料VLCCの建造は日本のタンカー船社で初の取り組みとなり、2025~2026年にかけて順次竣工する予定。

同社グループは、2050年までにネットゼロ・エミッションを達成することを目指し、2021年6月に「商船三井グループ環境ビジョン2.1」に沿って脱炭素・低炭素化を進めている。その実現に向けた「クリーン代替燃料の導入」戦略として、2030年までに「LNG燃料船を90隻」を推進している。

就航済の2隻を含め、同社グループでは、既にLNG燃料の導入を決めた自動車船・ばら積み船・フェリー・タグボートに加え、今回のケープサイズバルカーとVLCCで、外航船16隻と内航船6隻のLNG燃料船の建造を決定した。今後、LNG燃料船の導入をさらに拡大し、GHG総排出量削減に向けて加速していくとしている。

■概要
ケープサイズバルカー
全長:300m
全幅:50m
載貨重量トン(DWT):21万トン
竣工予定:2025~2026年
EEDI規制:フェーズ3

VLCC
全長:339.5m
全幅:60m
載貨重量トン(DWT):30万9000トン
竣工予定:2025~2026年
EEDI規制:フェーズ3
※EEDI(Energy Efficiency Design Index:エネルギー効率設計指標)は、1トンの貨物を1マイル輸送する際に排出されるCO2のグラム数を示す

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース