LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本通運/CO2排出量可視化サービスが他社輸送にも対応

2022年09月01日/IT・機器

日本通運は9月1日、国内輸送のCO2排出量を可視化し、顧客のESG経営をサポートするサービス 「エコトランス・ナビ」 の機能を拡充した「エコトランス・ナビ Ver.2」を同日リリースしたと発表した。

<エコトランス・ナビ>
20220901nx 520x317 - 日本通運/CO2排出量可視化サービスが他社輸送にも対応

「エコトランス・ナビ」は、荷主の過去一定期間の輸送データを基に、現行の輸送モードと、より環境に優しい鉄道や海上輸送などの輸送モードのCO2排出量を一括計算し、その差を可視化・レポート化するサービスとして2021年11月に提供を開始している。

今回リリースする「エコトランス・ナビ Ver.2」は、CO2排出量の算出対象として日本通運の荷主に加え、同社以外の輸送サービスを利用している企業も利用可能にした。

また、CO2排出量算出の処理能力を高速化することで、従来2~3週間程度かかっていた算出時間を最短1日に短縮している。

今後は、資源エネルギー庁の「特定荷主定期報告書」や国土交通省の「物流効率化法申請用紙」など、顧客から要望の多い公的機関へ提出するレポート機能の拡充についても取り組んでいくとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース