LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日立製作所/社会インフラ企業のDX支援サービス開始

2022年10月25日/IT・機器

日立製作所は10月25日、製造業などの社会インフラ分野を中心とする企業向けに、DX(デジタルトランスフォーメーション)の構想策定から、迅速なデータ利活用基盤の設計・構築、セキュアな運用までをワンストップで支援する「Hitachi IoT Platform for industryクラウドサービス」を11月1日に提供開始すると発表した。

<製造業や社会インフラ分野でのIoTデータ利活用の全体像>
20221025hitachi 520x276 - 日立製作所/社会インフラ企業のDX支援サービス開始

同サービスは、顧客のデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速するための、日立製作所の先進的なデジタル技術を活用した「Lumada」ソリューションの一つで、データドリブンな企業経営に必要不可欠なデータの収集から蓄積・管理、継続的な活用までのデータマネジメントを推進するための基本機能をサービスプラットフォーム化し、選択可能な形で提供するフルマネージドなクラウドサービス。

サービスの特長として、日立製作所のデータサイエンティストやシステムエンジニアが顧客の経営・業務課題を可視化し、その課題に対する解決策の提案やDX構想の策定を支援。これまで日立製作所が、社内でのDXプロジェクトや顧客との協創で培ってきたユースケースやデータモデルのテンプレートを活用することで、DX構想にあわせた最適なデータ利活用基盤を迅速に提案する。

<「Hitachi IoT Platform for industryクラウドサービス」サービスメニュー>
20221025hitachi1 520x213 - 日立製作所/社会インフラ企業のDX支援サービス開始

また、策定されたDX構想とデータモデルをもとに、データ利活用基盤を迅速に設計・構築する。データ利活用基盤は、データの「収集」「蓄積」「加工」「見える化」「API提供」などの基本機能ごとに豊富なサービスメニューを用意しており、必要なサービスを柔軟に選択することが可能。これにより、新規開発のコストや期間を抑えるとともに、導入後の拡張も容易に行うことができるようになる。

同サービスは、データ利活用基盤を顧客の指定するクラウド上に柔軟に構築し、フルマネージドサービスとして提供。具体的には、稼働監視やサービスデスクなどクラウド基盤の運用に必要なサービスをワンストップで提供することで、運用効率化を支援し、顧客がデータ分析やアプリケーション開発に注力することを可能にする。また、顧客がパブリッククラウド上で安心してデータを蓄積・管理できるよう、業界ベストプラクティスやSCCA(Secure Cloud Computing Architecture)が推奨する構造を取り入れ、高いセキュリティレベルを担保したクラウド環境を提供する。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース