LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NEXT Logistics/アイシン、豊田自動織機と自動荷役技術開発協働

2022年11月16日/IT・機器

NEXT Logistics Japanは11月16日、経済産業省が主催する令和4年度「無人自動運転等のCASE対応に向けた実証・支援事業(物流MaaSの実現に向けた研究開発・実証事業)」実施団体に選出され、アイシン、豊田自動織機と協働し、将来の自動クロスドック(結節点)運用に向けた自動荷役技術の開発や課題の抽出を行うと発表した。

<今回の実証パターン>
20221116nextlogi1 520x175 - NEXT Logistics/アイシン、豊田自動織機と自動荷役技術開発協働

CASEとは、Connected(つながる)、Autonomous(自動運転)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)のことで、自動車の次世代技術やサービスの新たな潮流を表す用語。

物流業界の抱える、少子高齢化や2024年問題に起因した「モノが運べなくなる」という社会課題に対し、NLJは20社のパートナー企業とともに、各社の専門的な知見・技術を活用した高効率輸送スキームの構築を推進している。このスキームにおいては、業種業態を超えた様々な荷主から持ち込まれた荷物を、効率よく幹線輸送ができるように積替え拠点(クロスドック)で荷下ろし/荷積みを行っており、今回の実証は、この作業の自動化(=自動荷役)により省人化の実現を目指すものになる。

昨年は豊田自動織機の協力の下、自動運転フォークリフトを使用した実証を行い、一定条件下で有人より精度の高い作業を実現することができた。本年度は、NLJの荷役オペレーションを想定し、自動運転フォークリフトに加え、新たにアイシンの協力の下、自律走行搬送ロボットを使用した実証を12月初旬より行っていく。

実施概要は、まず豊田自動織機製自動運転フォークリフトを使い、NLJの運行を想定した車両/積み付けパターンでの荷下ろし/荷積みを実証。また、アイシン製自律走行搬送ロボットを使い、自動運転フォークリフトと連携した荷捌き場への荷下ろし/荷積みを実証する。

<各社の役割>
20221116nextlogi2 520x391 - NEXT Logistics/アイシン、豊田自動織機と自動荷役技術開発協働

同社では、技術の1日も早い社会実装を目指し、この実証で洗い出された課題の改善を進めるとともに、NLJが構築を進める高効率輸送スキームをより幅広い荷主様や運送事業者に活用できるものへ進化させるべく、取り組みを一層加速していくとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース