LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎汽船など3社/安全離着岸支援システム実用化へ共同研究・開発

2023年01月05日/IT・機器

PR記事

川崎汽船、川崎近海汽船、川崎重工業の3社は1月5日、港湾内での船舶の操船、離着岸、係留作業の更なる安全性と効率化を向上させるため、「安全離着岸支援システム」の実用化に向けた研究・開発を共同で行うことに合意したと発表した。

同社によると、「安全離着岸支援システム」は世界で初めて推進機と係船機を同時に連携制御するシステム。川崎近海汽船が運航する内航船を活用し、実用環境下での研究・開発を行うことにより、2025年春までに同システムの確立を目指す。

同システムの実用化に向けた研究では、川崎汽船と川崎近海汽船の操船ノウハウと川崎重工業の最新技術を融合し、離着岸操船および係船作業の課題解決とさらなる安全性の確立を図る。

現在、港湾内での離着岸作業は、操船技術に精通し、船固有の操縦性能と係船設備の特性を熟知した乗組員によって行われている。 今後、これにさらに磨きをかけるため、同システム開発では、操船者の安全離着岸操船をAI等最新技術でアシストし、港内操船、離着岸操船、係船作業、係船管理の4つの対応を一気通貫で支援する。

<安全離着岸支援システムの概要>
20230105kawasaki 520x478 - 川崎汽船など3社/安全離着岸支援システム実用化へ共同研究・開発

※1:DPS(Dynamic Positioning System)は、GPS等の船体位置計測装置を使用して船体位置をリアルタイムに計測しながら、船体位置が所定の位置からずれないように推進装置や舵を自動的に制御するシステム。
※2:KICSとはKawasaki Integrated Control Systemの略で、可変ピッチプロペラ、旋回式スラスタ、サイドスラスタ、舵など、複数の操船要素を総括して操縦することができるシステム。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース