LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日立物流/荷主と物流効率化取組「パートナーシップ特別賞」受賞

2023年01月11日/3PL・物流企業

PR記事

日立物流は1月11日、経済産業省、国土交通省、日本ロジスティクスシステム協会が主催する2022年度物流パートナーシップ優良事業者表彰において、江崎グリコ、グリコチャネルクリエイト、サプライヤー各社と共同で取り組んだ「川上から川下までのトータル物流効率化による、環境・労働負荷軽減と持続性向上~マザーセンター設置によるBtoB中小規模配送網効率化~」が、「グリーン物流パートナーシップ会議特別賞」を受賞したと発表した。

この表彰は、環境負荷の低減、物流の生産性向上など、持続可能な物流体系の構築に向けて荷主企業・物流事業者が連携した取組みを普及促進するため、特に顕著な功績があった事業者を表彰するもの。今回、荷主企業とともに取り組んだ物流効率化による環境・労働負荷軽減と持続性の向上が評価され、共同受賞した。

<取り組みイメージ図>
20220111505hitachi 520x319 - 日立物流/荷主と物流効率化取組「パートナーシップ特別賞」受賞

首都圏における「オフィスグリコ」の製品供給は、これまでサプライヤー各社が首都圏に30あるグリコチャネルクリエイトの販売センターへそれぞれ高頻度の小口配送をしており、荷降ろしも手作業で行うため作業者への負担がかかっていた。今回、マザーセンターを立ち上げ、マザーセンターから各販売センターに巡回配送する方法に変更したことで、納品頻度を高めながら、配送車両の大幅な台数削減とCO2排出量削減を実現した。

また、販売センターで余分な在庫保管が不要になり、空いたスペースに近隣の販売センターの在庫を保管するなど、販売センターの集約にもつながった。荷役作業効率を考慮し、マザーセンターへの納品はパレット、マザーセンターから各販売センターへはカゴ台車を使用することで、荷降ろしの手作業と時間を削減した。さらに、一部エリアでは他社製品と共同配送を行うことで、配送効率の向上を図っている。

取り組みの効果として、配送に使用するトラック台数を94%(5万1480台)削減 (5万4600台/年→3120台/年)し、トラック台数の削減により輸送時に排出されるCO2を61%削減 (130.6t-CO2/年→51.4t-CO2/年)。また、販売センターの集約により事務所から排出されるCO2を11.3t-CO2/年削減するとともに、荷降ろし作業の効率化により作業時間を60%削減 (9100時間/年→3683時間/年)した。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース