LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

スズケン/小野薬品、塩野義製薬、田辺三菱製薬と共同輸送開始

2023年01月16日/SCM・経営

PR記事

スズケンは1月16日、子会社であるエス・ディ・コラボが、小野薬品工業、塩野義製薬、田辺三菱製薬と、2023年1月より、国内物流における医療用医薬品の品質担保の向上および流通過程での完全性に向けて共同で輸送する取り組みを開始したと発表した。

<共同輸送のスキーム>
20230116suzuken 520x195 - スズケン/小野薬品、塩野義製薬、田辺三菱製薬と共同輸送開始

この取り組みは、医薬品の適正流通(GDP:Good Distribution Practice)ガイドラインに準拠した共同輸送として製薬業界では初となる。

医薬品物流を取り巻く環境は、2018年12月に発出された GDP ガイドラインにより、輸送・保管過程において、より厳格な品質の担保および流通過程での完全性が求められている。また、ドライバーの不足・高齢化に加えて、働き方改革関連法の物流業界(自動車運転の業務等、一部の事業・業務)への猶予期間が2024年3月末をもって解消されることや、燃料費の高騰など安定した医薬品物流の維持に大きな課題が見えている。さらには地球温暖化対策として CO2排出削減が社会的課題となっている。

これらの課題を解決していくために、4社が共同で策定したGDP管理基準に基づき、各製薬会社の物流センターから医薬品卸に至る輸送ルートにおいて、効率的な共同輸送に取り組んでいくとしている。

具体的には「全ての温度帯で温度管理をした輸送を行い、品質担保の向上を図る」、「輸送の積載効率を上げ、運行台数を削減することにより、ドライバー不足を軽減して安定供給を図る」、「また、運行台数の削減により、CO2排出削減を目指す」。

なお、スズケングループの P・J・D ネットワークでは、2022年7月に、三井倉庫ホールディングスと医療用医薬品の物流における戦略的パートナーシップの協定に合意しており、連携しながら共同輸送を推進していく。

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース