LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

武田薬品/1000億円で大阪工場に血液製剤の製造施設建設

2023年03月24日/生産

武田薬品工業は3月23日、大阪工場(大阪市淀川区)に血漿(けっしょう)分画製剤の新製造施設を建設すると発表した。

長期で1000億円規模を投資し、市場が伸長している血漿分画製剤の製造能力を強化する。同投資は同社が国内で実施するものとして過去最大の増産投資となる。

新製造施設は、最先端の自動化およびデジタル技術を実装し、血漿の分離、分画、精製、充填、包装、保管(倉庫)の一連の製造工程を完備した、グローバルでも最高の製造基準を有する施設として建設。

年間200万リットル以上の血漿処理能力を持たせ、日本での血漿分画製剤の製造能力を約5倍に増強する。類似の施設としては国内最大規模になる見込みで、2030年頃の稼動を予定している。

血漿分画製剤は、希少疾患や複雑な慢性疾患を含むさまざまな疾患の治療に使用されており、過去20年間で大幅に需要が増加。日本でも、診断率の向上や早期治療等により今後さらなる需要拡大が見込まれている。

関連記事

生産に関する最新ニュース

最新ニュース