LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

東京都/貨物輸送評価制度の評価事業者を決定

2013年07月02日/CSR

東京都環境局は7月1日、実走行燃費で、トラック事業者のCO2削減の取組を評価する初めての仕組み「貨物輸送評価制度」の評価事業者を決定した。

それによると、3星評価が9社、2星評価が65社、1星評価が75社の計149社が評価事業者に決まった。

自動車からのCO2削減を推進する新たな仕組みとして、貨物自動車運送事業者(緑ナンバー事業者)の実走行燃費を定量的に評価する制度を創設し、今年度から本格実施したもの。

営業地を問わず、都内において、貨物を運送する事業者が対象であり、事業者が運行させる全車両の前年度1年分(2012年4月から2013年3月まで)の燃費の記録をもとに、都が三段階の星数で評価。

本制度でエコドライブや低燃費車の導入などの取組、日常的な燃費管理によって評価された事業者は、星数が一つであってもCO2削減の取組は、自動車輸送において優れたレベル。

評価事業者の一覧
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/07/DATA/20n71100.pdf

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース