楽天Edy/電子マネー決済サービスで運輸・宅配サービス見込む

2014年04月21日 

楽天EdyとTFペイメントサービス(TFPS)は4月17日、「おサイフケータイ」を搭載したスマートフォンで電子マネー「楽天Edy」を利用できるプラットフォームを開発したと発表した。

導入先は、屋外イベントや運輸・宅配サービスなど幅広い分野を見込んいる。

国内で初めて外部デバイスを利用せずにスマートフォンだけで電子マネー決済端末として利用できるようになった。

このサービスは、「おサイフケータイ」を搭載したスマートフォンの読み取り機能を利用した決済アプリケーションとクラウド型プラットフォーム「Thincacloud/シンカクラウド」を連携させて実現。

事業者は、楽天Edyの加盟店契約を締結し、スマートフォンにアプリケーションをダウンロードするだけで電子マネー決済端末を入手できる。

TFPSでは、将来的にはGoogle Playなどのデジタルコンテンツ配信サービスから本決済アプリケーションのダウンロードを可能とし、スマートフォンを活用した新たな電子マネーの決済手段を広く普及させる計画。

第一弾は、楽天野球団が運営する「東北楽天ゴールデンイーグルス」の4月18日に開催される試合からサービスを開始。

「楽天Koboスタジアム宮城」のスタンドの一部でビールを購入する際に、電子マネー決済端末のスマートフォンで楽天Edy決済ができる。2014年夏頃までには「楽天Koboスタジアム宮城」の全エリアへの利用拡大を目指す。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集