プロロジスの圏央道戦略/ルポ「圏央道ツアー」

2017年03月24日 
インテル研究所跡地に3棟のBTS開発へ

<つくば中央IC出口付近>
20170324prologi11 500x296 - プロロジスの圏央道戦略/ルポ「圏央道ツアー」

プロロジスパーク古河を後にして、つくばに向かい、境古河ICから圏央道に入る。境古河ICからつくば中央ICまでが2月26日に開通した部分だ。開通したばかりなので、とても快適だ。

ただ、道路が片側1車線で中央分離帯ポールにより分けられているだけなので、車同士のすれ違いには若干の恐怖感が伴う。大型トラックやバスともなればさらにその恐怖感は増す。少なくとも片側2車線か、もっと幅を取った中央分離帯が必要だろう。もし、事故ともなると全面通行止めになってしまうからだ。ただ、現在は交通量が少なく、あまり心配することもないのかもしれない。

<プロロジスパークつくば位置図>
20170324prologi12 500x224 - プロロジスの圏央道戦略/ルポ「圏央道ツアー」

<プロロジスパークつくば開発予定地>
20170324prologi13 500x334 - プロロジスの圏央道戦略/ルポ「圏央道ツアー」

<つくば開発予定地を見学する参加者>
20170324prologi14 500x334 - プロロジスの圏央道戦略/ルポ「圏央道ツアー」

約1時間でつくば中央ICを降り、10分ほどでプロロジスパークつくば建設予定地に着く。この土地は元々インテルの研究施設があった場所で、2万坪の敷地面積だ。圏央道が開通したことから、広域配送の拠点として今後利便性が大幅に改善される立地だ。ここにBTS型施設を開発する予定で、建物規模、仕様ともにフレキシブルに対応するという。現在、3棟の建設をイメージしている。

参考プランでは、北西棟両面バースタイプが地上4階建て、延床面積2万4957.76㎡、北東棟バースタイプが地上3階建て、2万9414.32㎡、南棟スロープタイプが地上4階建て7万1589.11㎡を提示している。

森田部長は「つくばエクスプレスの研究学園駅から約2㎞で、市のコミュニティバスで約10分。市街地に近い場所にありながら、工業団地に立地しているため、24時間オペレーションが可能です。雇用の確保には、つくば市周辺はつくばエクスプレス沿線の開発も進み、人口が増加している地域です。20歳から39歳の人口が全国平均・茨城県平均を上回るなど、若い労働者人口が多い地域です」と話す。

筑波大学の学生だけで9790人、大学院生が6632人と学生の割合が高いこともあり、さらに、大学生は住民票を移動しない学生も多く、数字に表れない潜在人口も多いと推測している。

また、表層地盤の揺れやすさでは、比較的揺れにくい地層に面している。洪水ハザードマップでも、浸水しない地域に指定されている。

<つくば市の科学技術振興部の大垣博文氏>
20170324prologi15 500x334 - プロロジスの圏央道戦略/ルポ「圏央道ツアー」

圏央道ツアーの最後に、つくば市の科学技術振興部の大垣博文氏がつくば市の魅力を数字で説明。「つくば市の人口は23万人で、この10年で3万4000人の増加を示しています。高齢化率も18%と低く、若い人口が多い地域です。昼夜間人口比でも、昼間の方が10%多く、流入人口が多いということです。労働力の確保には強みがあります。また、つくばロボット支援制度を用意しており、地元の企業サイバーダイン社の作業支援用ロボットHALの補助制度も行っています。ぜひ活用してほしい」と訴えた。

圏央道での開発で示したニューマーケット創出

プロロジスは現在国内で47棟約350万㎡の物流施設を開発・運営している。圏央道沿いでは、開発計画中も含め、海老名、海老名2、座間1.2、川島1.2吉見、東松山、北本、古河1.2.3、つくば、成田3などがある。

海老名2は敷地面積5100坪の土地に、延床1万坪のBTSを予定し募集中。現在建設中の市川3は延床6万4406㎡で4フロアの内、3フロアで入居予定が決まっており、残りが1フロアだけ。年末に竣工の予定だ。圏央道沿い以外では、千葉ニュータウン、習志野5も募集中。

関西では、内陸部にある茨木が残り2800坪、延床15万6000㎡の京田辺が2017年5月着工、2018年秋竣工予定でテナント募集中だ。神戸3・4ともに、BTSで、入居企業募集中だ。

圏央道沿線にここまで物流施設が立ち並ぶ状況は当初考えられなかった。プロロジスが2011年に圏央道エリアで最初に開発した川島の時には、当初はほとんど見向きもされなかったという。

森田部長は「圏央道の完成を見据え、利便性の向上を見越し、早めに土地を押さえていったことで、圏央道エリアでの開発が順調に進展した。これがプロロジスのニューマーケット創出なのです」と語るその言葉には圏央道エリアでの物流施設開発戦略にゆるぎない自信と誇りを感じさせた。

■概要
名称:プロロジスパーク古河3
所在地:茨城県古河市
敷地面積:約3万5000m2
着工:2017年7月
竣工予定:2018年7月

名称:プロロジスパークつくば(参考プラン)
所在地:茨城県つくば市東光台5-6-1.2
用途地域:工業専用地域

北西棟両面バース
敷地面積:1万6401.48㎡
延床面積:2万4957.75㎡
階数:地上4階建て
着工:未定

北東側片面バース
敷地面積:1万6402.86㎡
延床面積:2万9414.32㎡
階数:地上3階建て
着工:未定

南棟スロープタイプ
敷地面積:3万2807.22㎡
延床面積:7万1589.11㎡
階数:地上4階建て
着工:未定

<前へ 1 2 3

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集