日本気象協会/高速道路の気象・交通情報サービスサイト開設

2020年11月20日 

日本気象協会は11月20日、高速道路のドライバーが必要とする情報をスマートフォンなどで確認できるWebサイト「ドラキャス~driving weather forecast~」を開設した。

<ドラキャス画面イメージ>
ドラキャス

<高速道路影響予測・運転警戒情報>
ドラキャス

<ルート選択情報>

ドラキャスでは、中日本高速道路(NEXCO中日本)東京支社が管理する東名高速道路、新東名高速道路、圏央道などの気象情報や交通情報を提供。

気象リスクを可視化し、高速道路を利用するドライバーがPCやスマホ用Webサイトから事前に情報を入手することで、積雪が予想される日に運転を控える、冬用タイヤやチェーンを装着するなど、状況に応じた最良の選択を行い、ドライバーが安全・安心、快適に高速道路を運転するための判断を促す。

気象情報や交通情報は、現在~3日後以降のものまで確認が可能。気象情報のほか、ドライバーが安全・安心でスムーズに通行可能なルートを選択・判断できるよう、渋滞や通行止め、事故などの交通情報を組み合わせて表示する。

■ドラキャス
https://micos-sc.jwa.or.jp/driving-weather/index.html

最新ニュース

物流用語集