DHL/グローバル企業間EC市場、2027年までに1.7倍成長

2021年04月06日 

DHLエクスプレスは4月6日、「The Ultimate B2B E-Commerce Guide: Tradition is out. Digital is in.」と題する研究報告書(ホワイトペーパー)を発表した。

20210406dhl - DHL/グローバル企業間EC市場、2027年までに1.7倍成長

ホワイトペーパーでは、今後数年でB2B Eコマース市場が大幅に成長し、2025年までにサプライヤーとプロフェッショナルのバイヤー間のB2B取引の80%がデジタルチャネルで行われるとの調査結果を示している。

コロナ禍によって多くの消費者がオンラインショッピングへシフトしたことでB2C Eコマース市場が拡大しているが、B2B Eコマース市場もパンデミック前の2019年には世界の売上高が18.2%増加し12.2兆ドルに達しており、B2Cセクターの市場規模を上回っていたと指摘。新型コロナウイルスによるデジタル化の加速を受けて、このグローバルB2B Eコマース市場は2027年までに現状比70%増の20.9兆ドルに達すると展望している。

また、グローバルEコマース市場の成長をけん引する要因としては、新型コロナウイルスの蔓延によるデジタル化の加速にくわえ、テクノロジーに精通したミレニアル世代がB2Bの意思決定権者になっていることを挙げている。

ミレニアル世代はB2B取引における購買決定の73%を占めており、B2C分野で培った経験からB2B取引でもデジタル化に強い期待を抱いていることから、新たなEコマースプラットフォームなどのデジタルソリューションに対する企業の投資を促し、大きな成長の可能性を示しているとしている。

なお、DHLエクスプレスではコロナ禍でのEC市場の拡大を受けて、中国を除くアジアパシフィックにおける2020年11月と12月の貨物ボリュームが前年比17.3%増加し、この2か月だけでコンシューマーテクノロジー製品やファッションアパレルをはじめとするB2C貨物が65%増加。

ホリデーピークシーズン(イースターやクリスマスなど)や、メガショッピングデー(ブラックフライデー、サイバーマンデーなど)に高い成長率を実現したことで、DHLエクスプレスのネットワークにおける2020年のB2C Eコマースの合計貨物量は前年比で40%増加し、これらを受けて2020年通期の売上高が191億ユーロ(前年比11.9%増)、営業利益27億ユーロ(34.9%増)で、ドイツポストDHLグループのエクスプレス部門として過去50年で最高の業績となったとしている。

また、DHLエクスプレスの2020年の貨物量は4億8000万件で、1日あたりで前年比9%増加。このネットワークの急増を吸収するため、最新鋭施設や仕分け能力の増強(2013年比65%増)、新たな従業員の雇用(前年比1万人増)、新たな貨物機の追加(前年比20機増)などに年間10億ユーロ以上の投資を継続しているとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集